1. シャワーとお風呂はどっちがお得?ガス代・水道代の節約で気になる点を比較

シャワーとお風呂はどっちがお得?ガス代・水道代の節約で気になる点を比較

シャワー

シャワーとお風呂の節約は使い方もポイント。コツをつかんで、上手に使い分けましょう。

お風呂とシャワーの水の量の比較

お風呂の大きさにもよりますが、浴槽1杯分の水量は約200リットルと言われています。これに対して、シャワーを1分間出した時の水量は10リットルから12リットルほどと言われています。1分間10リットルの水量として、シャワーを20分間使うとお風呂のお湯を全部使い切ったことになりますね。

スポンサーリンク

ガス代の比較について

ガス代は計算と数字で把握することができますが、イメージしづらい時には、温度を上げるのに使うガス代の部分に注目してみましょう。例えばシャワーの場合には、温度設定によってガス代も変わってきます。お湯を熱くすればするほど、それだけエネルギーが必要になってくるでしょう。そのため、シャワーの温度を低めの設定にすると、節約につなげることができます。浴槽の場合には、お湯が冷めてしまった時に温め直す機会を減らすことなどが節約につながるでしょう。

季節に合わせた使い方の工夫と節約のコツ

夏場はこまめなシャワーが必要になったり、冬は体を温めるための温度設定が必要になったりしますので、ガス代や水道代は季節の影響を大きく受ける部分があります。そのため、季節に合わせた使い方も心がけましょう。シャワーは出しっ放しにせず、時間を短縮することもポイント。節水のシャワーヘッドも役立ちます。冬は、浴槽のお湯の温度が逃げないように、お風呂のフタを開けっ放しにしないなどの工夫も心がけてみましょう。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ