おすすめの電力会社ランキング98社比較

電気ケトルの電気代はけっこう安い!電気ポットと比較

電気ポット

電気ポットはいつでも使いたい時に熱いお湯が使えるので便利です。ですが最近は容量の少ない水を短時間で沸かすことができる電気ケトルが普及してきました。

電気ポットと電気ケトルの違いを改めて勉強し、どちらが節電できるのかを知りましょう。

これが結論!

電気ケトルの電気代は1日8円、電気ポットの電気代は1日30円と、電気ケトルのほうが電気代が安いのです。たくさんのお湯をキープしておく必要がないのであれば、電気ケトルを使用した方が電気代節約になります。

7月限定!高額キャッシュバック!

最大3万円キャッシュバック

夏本番に向け電気料金は右肩上がり…そんな7月は電力会社を切り替えるメリットが大きいって知っていましたか?

電気料金が高くなってくるこの時期、電力会社の切り替えを検討する人も増えてきます。各電力会社は、新しい顧客を獲得しようとあの手この手でアピール。高額キャッシュバックもそのひとつなんです!

最大で30,000円のキャッシュバックも7月だけの大チャンス。電力会社を切り替えて月々の電気代が安くなるだけでなく、実質、数か月分の電気料金が0円になるのですからかなりお得!

少しでも電気代を安くしたいという人は、ぜひ「無料で各社の電気料金プランを比較」してどれだけ得できるか確認してみることをおすすめします!

7月限定!高額キャッシュバック!

最大3万円キャッシュバック

夏本番に向け電気料金は右肩上がり…そんな7月は電力会社を切り替えるメリットが大きいって知っていましたか?

電気料金が高くなってくるこの時期、電力会社の切り替えを検討する人も増えてきます。各電力会社は、新しい顧客を獲得しようとあの手この手でアピール。高額キャッシュバックもそのひとつなんです!

最大で30,000円のキャッシュバックも7月だけの大チャンス。電力会社を切り替えて月々の電気代が安くなるだけでなく、実質、数か月分の電気料金が0円になるのですからかなりお得!

少しでも電気代を安くしたいという人は、ぜひ「無料で各社の電気料金プランを比較」してどれだけ得できるか確認してみることをおすすめします!

電気ポットvs電気ケトルで電気代がお得なのはどっち?

さっそく、電気ポットと電気ケトル、それぞれがお湯を沸かすのに必要な電気代を見ていきましょう。

電気ポットの電気代

電気ポットで2Lのお湯を沸かすことを想定してみます。すると、沸騰させるのに必要な電気代は1日約10円になります。その後、保温するのに必要な電気代が1日約20円必要となります。

電気ポットの電気代

  • 1日あたり約30円(沸騰10円+保温20円)
  • 1ヶ月あたり約900円
  • 1年あたり約10,800円

電気ケトルの電気代

1日に4回それぞれ500mlずつ、合計2Lのお湯を沸かすことを想定してみます。すると1回あたりの電気代は約2円、1日あたり約8円となります。保温機能はありませんので、それ以外の電気代は不要となります。

電気ケトルの電気代

  • 1日あたり約8円
  • 1ヶ月あたり約240円
  • 1年あたり約2,800円

上記の通り、沸騰したお湯をすぐに使うなら電気ケトルの方が圧倒的に節電・節約できることが分かりました。

ずっと少ない水なら電気ケトル、たくさんの水なら電気ポットって使い分けていたよ。

電気ポットは保温ができるしたくさんのお湯をキープできるから、オフィスなんかでは便利かもね。電気ケトルでも問題なければ、迷わず電気ケトルを選ばないとね!

スポンサーリンク

自宅にある電気ケトルや電気ポットの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

電気ポットと電気ケトルの違い!消費電力は?

そもそも電気ポットと電気ケトルは何がどう違うのでしょうか?

電気ポット

中に入れられる水の量が多く、平均して2L程度入る商品が多くなっています。沸かしたお湯を保温しておくことができ、保温する温度の設定もすることができます。

中の水の量を確認しておかないと、空焚きしてしまう可能性がありますし、毎日新鮮な水を入れ替えるのがちょっと面倒だと感じる人もいるのではないでしょうか。

電気ポットの消費電力の目安

700~1000W

電気ポットの消費電力はだいたい700~1000W。お湯を沸騰させるのに一番電気を使いますが、保温にもしっかり電気を使うんですよ。

電気ケトル

一度に入れられる水の量は少なく、一般的に800ml程度の商品が主流です。保温機能がついているものは少なく、沸かしたお湯が残った場合は冷めていきます。

ただ基本的には毎回新しい水を入れて使うことが多いため、その都度その都度、新鮮な水を温めることができるのです。

電気ケトルの消費電力の目安

1000~1500W

電気ポットより消費電力は大きいのですが、短時間で少ないお湯を沸かすので実は電気ポットより電気代は安くなることがほとんど。先に説明したように、同じ量の水を加熱する場合、電気ケトルの方が安上がりになるんですね。

電気ケトルは消費電力が大きいけど、短時間で加熱するから電気代が安いんだね!

そうね。もちろん電気ケトルによって消費電力や加熱時間が違うから、購入時はチェックしないとね。