1. エアコン暖房の節電するなら設定温度は何度?最適な温度と節約効果

エアコン暖房の節電するなら設定温度は何度?最適な温度と節約効果

暖房

冬の暖房は電気代の負担になってしまうことも。節電のために、温度は低めでと言われますが、具体的にどの程度に設定すれば良いのでしょうか? 設定温度やあたたまるコツを身に付けて、上手に節約をしていきましょう。

関連:暖房の節電のポイント!暖房のほうが冷房よりもエアコンの電気代がかかるの?

エアコンの設定温度を見直そう

冬場の室内温度は、20度付近がおすすめとして挙げられています。外との温度差が大きいほど、部屋をあたためるのにエネルギーを必要としますので、できるかぎり下げることで節電につながります。体調や服装などの環境に合わせて18~22度の間で工夫してみましょう。

また、湿度を上げると体感温度がアップしますので、部屋が乾燥気味の時には、加湿器を併用してみるのも役立つ方法の一つです。湿度が快適になることで、肌の乾燥や病気予防にもつながりますので、合わせて参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

どれくらいの節約効果があるの?

電気代の節約効果は、今までに設定していた温度との差によって個々に違いもありますが、温度を1度下げるごとに10パーセントの節電効果があると言われています。また、経済面のメリットだけでなく、外との温度差が少なくなることで、ヒートショックの防止にもなるでしょう。

あたたまるポイントをおさえておこう

エアコンをスタートする際には、素早くあたためるため自動設定を活用すると良いでしょう。風向きは下向きがおすすめですが、エアコンの自動機能も視野に入れて臨機応変に。寒くなってきたら、上の方にあるあたたかい空気を、サーキュレーターなどで循環させるのも良いですね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ