1. 新電力おおいたが電力小売りに参入!大分県の地産地消の電気を提供

新電力おおいたが電力小売りに参入!大分県の地産地消の電気を提供

新電力おおいた

エネルギーの地産地消や分散型エネルギー社会をめざす新電力おおいた株式会社は、2016年10月から家庭などの低圧向け電力の供給をスタートしました。まだプランは成長途中ですので、今後の予定もチェックしてみてくださいね。

新電力おおいたの電源構成

新電力おおいたは、大分県内を中心に熊本県の一部も含めた複数のソーラーファームと契約しています。引き続き大分県内の電源募集も行っていますので、今後の発展も注目ポイントとなるでしょう。現在の電源構成は約7割が「九州電力常時バックアップ」のものとなり、残りの2.6割が太陽光によるFIT電気です。

スポンサーリンク

どんなプランがあるの?

一般家庭向けのプラン「おおいたのでんきB」は、九州電力の従量電灯Bにあたるもので30A~60Aの人が対象になっています。また、商店や事務所向けには、九州電力の従量電灯Cに相当する「おおいたのでんきC」があり、6kVA~50kVA未満の場合が対象です。2017年4月からは、オール電化向けのプランや低圧電力のプランがスタート予定となっていますので、合わせて参考にしてみましょう。

便利なサービスいろいろ

新電力おおいたと契約すると、「うちのでんき」というモバイルサービスが通信料金を除いて無料で利用できるようになります。ログインをすると、現在までの電気代の様子や、1日に使った電力の様子などがわかる機能がありますので、節電計画に役立てることができるでしょう。そのほか、災害時の緊急のお知らせシステムや、電力使用の様子によって離れたところに住んでいる家族の無事を把握できるサービスなどもあります。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.pps-oita.com/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ