おすすめの電力会社ランキング98社比較

東京電力と中部電力が電気を安定供給する「株式会社JERA(ジェラ)」設立

JERA

東京電力と中部電力が電気の安定供給を目指すべく「株式会社JERA」が設立されました。まだ知名度の低い会社だと思うので、今回は基本的な情報から詳しく解説しましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

株式会社JERAって?

株式会社JERAは2015年に東京電力中部電力が設立した新会社で、代表取締役会長には東京電力の内藤義博、代表取締役社長には中部電力の垣見祐二が就任しました。

そんなJERAは火力発電や燃料調達を効率的におこなうことを目指しており、最終的にはそれらの業界で世界一を目指すと発表しています。そんなJERA設立の際は東京電力と中部電力が半分ずつ出資。段階を追って火力発電事業を新会社へと移す予定のようです。

ちなみに、JERAとは日本(Japan)とエネルギー(Energy)の頭文字に時代(era)をくっつけて作られたもの。日本のこれからのエネルギーを担っていくのにふさわしい名前となっています。

電力診断バナー

JERAの今後の活躍にも注目!

JERAは今後の事業拡大ロードマップを既に発表しており、近いところでは2016年の夏ごろに2社の既存の燃料事業やエネルギーインフラ事業などが統合される予定です。また、少し先になりますが、2017年の春ごろにはJERAへと既存の火力発電事業も統合される予定で、今後もJERAから目が離せません。

表に出ることの少ない会社ではありますが、その事業は日本のエネルギーの未来を考えたもの。初めて知った方も電力自由化と共に覚えておくといいでしょう。