1. 九州電力が関東にも進出?九州電力グループの「九電みらいエナジー」って?

九州電力が関東にも進出?九州電力グループの「九電みらいエナジー」って?

九電みらいエナジー

九州在住の人なら知らない人はいない電力会社と言えば「九州電力」ですよね。地方名がついた○○電力という企業は、それぞれの地方の電力供給や買電をほぼ独占してきた形になるので、自分が住んでいる地方の電力会社を知らない人はほとんどいないはず。

ただ、それが隣の県であっても、エリアが異なれば知らないのが別の地方の電力会社や、その電力会社が展開している料金プランということになります。しかし、2016年4月からの電気の小売り自由化で「他地方」の電力会社がかつてのエリアを超えて、別の地方へ電力を売電することができるようになりました。

今回取り上げる九州電力グループの「九電みらいエナジー」も、地方の垣根を超えて売電を試みる企業の1つ。発電方法や「どうやってお得な電気をゲットするか」と言う点においてもユニークなプランを打ち出す九電みらいエナジーの電気小売りのプラン展開に期待大ですよ。

どうやって電気を作っているかもしっかり確認できる

東日本大震災や酷暑などの影響で「エコ」や「発電方法」に対しての意識が高まった日本では、大手の電力会社が「どうやって発電をしているのか」ということに興味を持つ人が格段に増えました。そうした意識の変化もあって、電気の小売り事業が始まる現時点で、消費者は「どの電力会社を選ぶか」というポイントの1つに「どういった発電方法で作られた電気なのか」と言う観点を持つようになっています。

この点において九電みらいエナジーは、5つの発電方法を取り入れることで、よりエコでより安定した電力供給が可能になっています。具体的には、九電みらいエナジーでは「太陽光・風力・地熱・バイオマス・水力」の5つの発電方法の積極的な開発と運営を行っています。また九電グループと言う強みを生かして、それぞれの発電方法についての調査・計画・建設・運営管理を一貫体制で行うことができます。この一貫体制をとれることで、電力の長期的な安定稼働を実現することが可能になっているのです。

スポンサーリンク

九電みらいエナジーの先見の明がスゴイ

九電みらいエナジーは電力の小売り自由化を見越して、2020年から稼働予定の大型の石炭火力発電所を建設予定です。この発電所の建設は、出光興産・東京ガスとの共同建設で、出力は何と200万キロワットにも及びます。こうした大規模な発電所の建設をすることで、すでに激化している関東都市部での電力小売り競争での勝ち残りをはかっているのです。

関東圏での料金プランは?

九電みらいエナジーが打ち出している関東圏での一般家庭向けの料金プランは次に挙げる2つです。

基本プランM

一般家庭向けの「標準的な」電灯料金プランで、季節・時間帯に関わらず、使用量にしたがって料金が段階的に設定されるプランになっています。現在の契約アンペア数が40・50・60アンペアの利用者が対象になるプランで、家族の人数が多かったり、日中によく電気を使っていた人が多い家庭で料金が安くなる可能性があるプランです。

基本プランL

店舗や事務所など、一般家庭より多くの電気を利用する人に向けて設定されているプランです。基本プランMと同じく、季節や時間帯に関わらず、使用量ごとに料金が段階的に設定されるプランです。このプランを契約できる対象家庭は、現在の契約アンペアが6kVAで、一般家庭よりはずっと高め。ただ、店舗兼住宅の家庭や家電製品の多い家庭、また家族の人数が多く、必然的に電気の使用量も多くなる「大家族」にはお得幅が大きくなるプランでしょう。ちなみに九電みらいエナジーが展開する上記の2プランは、もし1か月の電気使用量が0kWhの月は基本料金が半額になるプランでもあります。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: https://www.q-mirai.co.jp/retail/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ