1. 沖縄電力が電力自由化に参戦!オール電化向け新プランを導入予定

沖縄電力が電力自由化に参戦!オール電化向け新プランを導入予定

沖縄電力

沖縄電力の家庭向け料金メニューには、一般的な「従量電灯」のほか、それぞれの人の電気使用環境に合わせた複数のプランがあります。「Eeらいふ」もその中の一つですが、2017年から新しいプランが導入されることになりました。

オール電化向けのプラン

「Eeらいふ」は、夜間蓄熱式機器やヒートポンプを利用した方法などを活用する人向けのプランです。この枠で2017年4月から新しいプランが活用されることになりました。そのため「Eeらいふ」は同じタイミングで新規加入ができなくなります。ですが、一部の地域は新しいプランが適用できないため、今までのプランが適用されることになりますので自分の環境に合わせて情報をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

今までの「Eeらいふ」

今までのプランは料金の高い順に、月曜日から土曜日の10時から17時まではデイタイム、デイタイムに該当する曜日の7時から10時までと17時から23時まで、日曜日と祝日の7時から23時まではリビングタイム、23時から翌朝の7時までのナイトタイムに分けられています。電気料金としてはデイタイムが一番高くなりますが、その中でも7月から9月の夏の間が最も高額になりますので季節の違いも参考にしておきましょう。

新プランはどのように違うの?

新プランには2種類の内容が予定されています。一つ目のプランの特徴は土曜日がデイタイムではなくリビングタイムの休日扱いに変更になること。そしてもう一つのプランは、昼間に家で過ごす人向けのプランで、リビングタイムとデイタイムの違いなく朝から夕方までの単価が統一される予定となっています。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ