1. 「北ガスの電気」の名称で北海道ガスが電力供給サービス開始を発表!

「北ガスの電気」の名称で北海道ガスが電力供給サービス開始を発表!

北ガスの電気

4月から開始される電力自由化。これに向けて各ガス会社が電力供給を始めているのをご存知でしょうか。今回はそんなガス会社のひとつ、北海道ガスが始める「北ガスの電気」について詳しく解説します。北海道ガスをお使いの方は参考にしてみてください。

北ガスの電気は誰でもお得!

北ガスの電気の料金プランは従量電灯BとCにあたる2種類が代表となっており、それぞれを従量電灯Bプラス、従量電灯Cプラスとしています。両プラン共に基本料金は同じなのですが、電力量料金に違いがあります。たとえば、従来の従量電灯Bでは280kWhを超えた3段階目の場合、電力の単価は33.37円でした。これに対して北ガスの電気は32.36円ほど。約1円も違いが出るのです。しかも、北ガスの電気は電力使用量が少ない人でもお得に利用できるよう、1段階目の単価も割引。従来の単価が23.54円なのに対して22.83円となっています。

もちろん2段階目についても北ガスの電気の方がお得。実はこれは非常に大きなメリットで、多くの新電力会社は使えば使う分だけお得になるプランを採用しており、使用量の少ない人だとあまりメリットを感じません。しかし、北ガスの電気は全ての段階で料金が安くなるので、どんな家庭環境の方もお得に利用できます。その分、3段階目の割引額は他社と比べて低めに感じますが、電力使用量の少ない月でもメリットを受けられるのは嬉しいものです。毎月の電力使用量に幅があったり、全体的に少ない方は絶対にお得なのでチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

北海道ガスを使ってなくても大丈夫

北ガスの電気という名前から北海道ガス契約者限定と思われがちですが、実は北ガスグループを使っていない人でも北ガスの電気は利用できます。この場合は割引額が下がってしまうのですが、それでも従来の電気代と比べればお得。1段階が23.30円、2段階が29.42円、3段階が33.03円になります。こちらも同様に全ての単価に安めなので、切り替えることで節約になるでしょう。少しの割引も年単位で考えると馬鹿にできません。

ガスを使ってさらにお得!

北海道ガスが提供するだけのことはあり、ガスを併用することでお得になるサービスも存在します。たとえば、「マイホーム発電割」はエコウィル、エネファーム、コレモのどれかが設置されている家庭が対象になるもので、なんと3%の割引が発生するのです。他にも条件を満たした給湯器やFF暖房機、ロードヒーティングのどれかが設置されていれば1%割引になる「給湯・暖房・融雪割」や、ガスセントラルヒーティングか、給湯器と暖房機を使用することで2%の割引を受けられる「給湯+暖房割」など、ガス機器使用に対する割引が満載です。ちなみに、割引対象の機器がいくつか設置されている時には、最大となる割引が適用されます。これらの機器をお使いの方は北ガスの電気に切り替えて年間電気代を安くしましょう。

ポイントサービスも開始!

従量電灯Bプラスか従量電灯Cプラスを契約することでポイントサービスが付与されます。契約を継続することで最大500ポイントが付与されると発表されており、ポイントはガス機器の購入や地域のスポーツなど、様々なことに利用できるようです。まだ詳細は決まっていませんが、お得な料金に加えてポイントが付与されるのもメリットのひとつ。詳細が発表されるのを楽しみに待ちましょう。

また、北ガスの電気では2016年3月31日までの申し込みでクオカード500円分がもらえるキャンペーンを実施中です。北ガスの電気を1年契約することが条件になりますが、興味のある方は早めの申し込みがおすすめ。発送は4月以降とのことです。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://denki.hokkaido-gas.co.jp/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ