1. ソフトバンクの新しいプラン「自然でんき」「おうちでんき」の電気や料金について

ソフトバンクの新しいプラン「自然でんき」「おうちでんき」の電気や料金について

ソフトバンクでんき 自然でんき

ソフトバンクの主な電気プランの中から今回は新しいプランの「自然でんき」と「おうちでんき」について詳しく見てみましょう。どちらもSBパワーが電気を供給していますが、それぞれ提供エリアなどが違うため、自分の環境に合わせて選ぶこともポイントです。

環境保全に協力できる?「自然でんき」のポイント

「自然でんき」には、自然環境を守る働きに貢献できる、という特徴があり、このプランにすると電気を利用している間、CO2などの削減や吸収に向けた活動を行っている全国にわたる環境保全団体の中から、自分で選んだ団体を支援することができます。支援団体はソフトバンクのホームページから詳しく知ることができエリア別に情報が設けられていますので、自分の住んでいる地域の中で探すこともできるでしょう。また、「自然でんき」の電気は、約半分を再生可能エネルギーでまかなうことを目標にしています。

支援のシステムとしては、電気を使うと、支援金の上限を超える場合を除いて1契約あたり毎月50円の金額でソフトバンクが団体に支援を行うしくみです。毎月50円の支援でも、大人数で行うと年間で数万本の木が吸収するCO2削減や数万台の車が排出する1日のCO2削減と同じくらいのエコに貢献することができるとされていますので、電気の使用で参加できるのは魅力ですね。

「自然でんき」の料金は?

自然でんきは、基本料金が不要で、使った分だけの電気料金だけでOKです。ソフトバンクのスマートフォンやインターネットを使っていなくても申し込むことができますので、対象環境も広がるでしょう。

提供エリアは、北海道電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリアの3つで、それぞれ1kWhにつき31円、27円、28円という設定になっています。自然環境に貢献できるだけでなく、電気料金もお得になる可能性があり、自然でんきに変えると2年間で1万円を超えるお得になる場合もありますので積み重なると嬉しい節約になるでしょう。1年契約で自動更新され、解約事務手数料はかかりません。

スポンサーリンク

まとめてお得?「おうちでんき」のポイント

「おうちでんき」は、携帯電話やインターネットの回線をソフトバンクにまとめることでお得に利用できるところが特徴となっています。提供エリアは、中部電力エリアと関西電力エリアで、中部電力の従量電灯BとC、関西電力の従量電灯Aに加入している人が対象ですが、割引の環境によって安くなるかどうかが別れるため、現在のプランを確認しておくと安心ですね。

具体的には、スマートフォン、携帯電話、インターネット、タブレットなどの回線について、10回線まで1回線ごとに電気料金が2年間毎月100円割引になり、3年目以降は50円割引になる、というしくみになっています。家族みんなのスマートフォンをまとめるなどするほか、一人暮らしでもスマートフォンやタブレットなどがあればまとめることでお得になることがあるでしょう。3人家族の場合、2年間で1万円近い節約につながる場合もありますので、家族で相談しながら検討してみると良いですね。

「おうちでんき」の料金は?

料金プランは中部電力エリアと関西電力エリアによって違いがありますので、それぞれ自分の希望エリアに合わせて確認しておきましょう。中部電力エリアは、基本料金が契約電流10Aにつき280.8円、契約電流1kVAにつき280.8円となっていて、電力量の料金単価は3段階で、20.47円、24.82円、27.69円となっています。

関西電力の従量電灯Aは基本料金がありませんが、関西電力エリアの場合もその環境と同じで、最低月額料金も同じく373.73円ですが、料金単価は、3段階で、22.60円、28.96円、32.98円となり安く設定されています。1年契約自動更新で、プランの解約には解約事務手数料540円がかかりますので、あらかじめ把握しておきましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ