1. あの四国電力も新料金プラン発表!関東エリア・関西エリアにも進出?

あの四国電力も新料金プラン発表!関東エリア・関西エリアにも進出?

四国電力

日本では各地方に大手の電力会社がありますよね。全国的に名前が知れている「東京電力」や「関西電力」は日々の全国ニュースでもよく聞かれるところではないでしょうか。一方で同じように「地方の電力を賄っている」企業でも、全国的にまだ知名度の高くない電力会社があるのも事実です。

けれども、そうした電力会社は、2016年4月から始まる一般家庭への電力小売り自由化で生き残りをかけて大手の電力会社よりもユニークでお得なプランを打ち出す企業もあるのです。今回はそんな地方の電力会社である「四国電力」、通称「よんでん」が打ち出したお得な電力プランなどについてお伝えしていきます。

通称「よんでん」を関東や関西でも使えるってホント?

四国在住&出身の人にはお馴染みの四国電力、通称よんでんは名前の通り四国を中心に四国エリアに電力を供給している電力会社です。今までは他の地方とも同様に、四国で電力を利用するなら四国の電力会社である四国電力と契約をするのが当たり前でした。ただ、この度の一般家庭への電力小売り開始で、四国電力ではない企業と電気の供給契約を結ぶ利用者が増えることは目に見えています。

しかも 今は太陽光発電によって自家発電をしている家も多いので、売電することは増えてもなかなか買電量が増える、新規顧客が四国内で増えることは難しい状況になりつつありました。そこで四国電力は、家庭への電力小売り自由化をきっかけに、四国だけでなく全国に目を向けて電力の小売りを始めることにしました。

現在のところ関東エリアと関西エリアでの電力供給が決まっており、それらの地域で四国電力と契約可能な地域は下記の通りです。

・東京エリア…栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)

・関西エリア…滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除く)、福井県の一部、岐阜県の一部および三重県の一部

ではこうした従来の四国電力管内以外の利用者や、今までもずっと四国電力を利用してきた家庭にとって、これかも四国電力を選んだり、継続して契約を続けるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

四国電力を選ぶメリットはどこにあるの?

四国電力をこれからの電気小売り自由化時代で選ぶメリットは何といっても「プランの多さ」=「個人の生活スタイルに応じた利用プラン」が選べるということです。なんと四国電力が用意している一般家庭向けのプランは10プラン。昼間に電気を使うことが多い人、夜間に電気を利用することが多い人、さらに休日に電気を利用することが多い人など、その人のライフスタイルに合わせたプランを選ぶことが可能なのです。

従来の従量電灯A、Bというプランに加えて、時間帯別電灯(得トクナイト)、ピークシフト型時間帯別電灯、季節別時間帯別電灯(電化Deナイト)(※ただし新規加入不可)、スマートeプラン(タイプL)、スマートeプラン(タイプH)、ホリデーeプラン、スマートeプラン(タイプL+)、スマートeプラン(タイプH+)という具合に、自分のライフスタイルや年間の過ごし方を考えた電気料金のプランがあります。しかも四国電力の電力を使う際に、ウェブの会員サービスである「よんでんコンシェルジュ」に入会すると、よんでんポイントが貯まるサービスが開始されています。

このよんでんポイントは毎月の電気使用量の確認や、ウェブサイト内のコラム閲覧などで貯めることができます。そしてこのポイントが貯まることのメリットは四国の特産品との交換があること!電気使用量の確認をウェブ上で行える電力会社は多くありますが、そのことでポイントが貯まって、しかも特産品と交換ができるというのは長い目で見ると、利用者へのリバックになることですし、電気代がお得になったからもらえたと言えるかもしれません。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.yonden.co.jp/kouri/extra/index.html

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ