1. HTBエナジー新プラン「朝トクコース」「ママトクコース」は電気が2時間無料!?

HTBエナジー新プラン「朝トクコース」「ママトクコース」は電気が2時間無料!?

HIS 電気

ハウステンボスから生まれたHTBエナジー株式会社は、幅広いエリアへ電力を供給していることも魅力です。さらなるエリアの拡大も検討されていますので、今後広がっていくサービスにも期待できるでしょう。

2016年10月3日から、新しく北陸エリアが追加されましたが、合わせて従量電灯の無料時間サービスの受け付けもスタート。2時間という指定など、ある程度限定された内容となりますが、環境がマッチすればよりお得に電気を活用することができるでしょう。HTBエナジーの電気に関連するサービス内容には、ほかにもユニークな内容が見られますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

電気が2時間無料になるプランとは?

従量電灯の2時間無料サービスのプランには、「朝トクコース」と「ママトクコース」の2つの種類があります。これらは、それぞれ時間帯の違いがありますので、個々に把握しておきましょう。「朝トクコース」は、AM5時からAM7時までの朝の2時間、「ママトクコース」は、PM7時からPM9時までの夜の2時間となっています。ともに、2時間分の従量料金が無料になるという嬉しいサービス。

スポンサーリンク

2時間でもメリットは大きい?

どうしてこの時間帯の2時間なのだろう?と疑問を持つ時もあるかもしれませんね。それぞれの家庭によって電気を使うタイミングは違いますので、一概には言えませんが、1日の消費電力の推移を見てみると参考になります。

社会生活の中で、朝起きて仕事や学校に行く、という流れはよく見られるスタイルで、朝の生活の始まりに電気を使用することは多いでしょう。そのため、朝の5時から7時は消費電力がアップする時間帯でもあります。

また同じように、仕事や学校から家に帰宅して過ごす、夜の7時から9時も、一日の中で消費電力が高い値になりやすい時間帯です。「朝トクコース」と「ママトクコース」は2時間というピンポイントですが、従量料金が無料になることで大きなメリットを得られることもあるでしょう。

プランのルールも確認しておこう

エリアについて

「朝トクコース」と「ママトクコース」の対象エリアは、北海道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、九州の8つ全部のエリアが対象です。関西と中国エリア以外のエリアは、それぞれ一般家庭向けの従量電灯Bが対象になりますので確認しておきましょう。関西と中国エリアの場合は、従量電灯Aが対象になります。

料金について

「朝トクコース」と「ママトクコース」は、ともに朝と夜の2時間分の従量料金が無料になりますが、基本料金が変わる部分がありますので、詳しくチェックしておきましょう。レギュラープランに見られる、個々のエリアの電力会社の料金より従量料金の単価が5%割引になることは共通していますが、基本料金は2倍になります。関西エリアと中国エリアについては、基本料金が2000円に指定されていますので、自分のエリアのプランを詳しく見てみましょう。

HTBエナジーのユニークなサービス

HTBエナジーの新しいサービスの中には、ロボットの販売やレンタルが開始されるというユニークなサービスがあります。これには、ハウステンボスで行われているロボットサービスとの関連もあり、会社全体での新しい取り組みとしても興味深い内容の一つです。

また、電気プランに加入すると、電球交換やテレビの不調などの電気のトラブルや、水周りの不調や窓ガラスが割れた時などの生活環境のトラブルが起きた時にサポートしてくれるオプションサービスにも申し込むことができるようになります。お得に電気を活用できるプランと合わせて、より生活が便利になるサービスもチェックしてみましょう。

H.I.S電気(HTBエナジー)

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ