1. 北陸電力が首都圏進出!新プランは節電するほどお得になる!?

北陸電力が首都圏進出!新プランは節電するほどお得になる!?

北陸電力

北陸電力がなんと首都圏に進出して電気を売り出すという発表をご存知でしょうか。今回はそんなニュースと共に、既に発表されている北陸電力の節電するほどお得になる、ちょっと変わったプランをご紹介。北陸エリアの方以外も必見です。

北陸電力が首都圏進出?

北陸電力は4月から首都圏エリアで電力を販売すると発表しました。東京だけでなく、神奈川や静岡も対象となっており、「北陸かがやき契約」という名前になるようです。第一次販売分として用意されているのは1000件で、料金は従来の電力と比較した場合、120kWhを超えた分からの単価が安めに設定されており、3人家族を想定した時、月々に700円、年間では8400円も安くなるとしています。さらに、早期お申し込みで抽選プレゼントも用意されており、積極的な姿勢が見られます。ターゲットとしては北陸出身で首都圏に住んでいる人々。今後のサービス展開など、北陸電力の動きから目が離せません。

スポンサーリンク

北陸電力の新プラン「節電とくとく電灯」

こちらは北陸電力エリアの方向けですが、「節電とくとく電灯」というプランが発表されています。こちらは他の電力会社の提供するプランとは変わっており、節電する分だけ電気代が安くなる仕組みを導入しているのです。基本料金や電力量料金だけを見ると変化がないので、一見お得に感じませんが、重要なのは節電と共に安くなるという点。こちらは「デマンドレスポンス」と呼ばれることもあるシステムで、電力不足が深刻だった時期などに注目されました。節電に興味のある方はモチベーションアップのためにも節電とくとく電灯を検討してみましょう。

節電とくとく電灯の仕組み

節電とくとく電灯の具体的な内容としては、北陸電力があらかじめ知らせてくる日程の13時から16時と、その前平日5日間の13時から16時までで消費量が多かった4日間の平均を比較し、節電していた量に応じて電気代を安くするという仕組み。少し分かりにくいですが、ようは北陸電力が知らせてくる日に節電すれば、した分だけ電気料金が割引されます。では、いつお知らせが来るのかと言えば、電力の使用量が多くなる7月から9月の間。この期間に北陸電力からメールマガジンが送られてくるので、見逃さないようにしましょう。

節電で受けられる割引も既に決定しており、節電電力量1kWhにつき129.60円です。節電実施日の天候にもよりますが、出来るだけ空調を使わず、無駄なコンセントなども抜いておくことでかなりの節約になります。無理のない範囲で節電に協力しましょう。

くつろぎナイト12

上記の節電とくとく電灯と共にくつろぎナイト12も発表済みです。こちらはエコキュートなどを使っている方向けなのですが、20時から翌8時までの夜間料金が10.76円と非常に安く設定されていますので、対象となる方はあわせて確認しておきましょう。ただ、こちらは4月からではなく8月スタートなので気を付けてください。

申し込みがスタート!

節電とくとく電灯についてなのですが、実はもう申し込みがスタートしています。当初は4月1日から受付開始としていましたが、ユーザーの声に応える形で早期スタート。3月11日の13時から始まりました。申し込みは「ほくリンク」のページで受け付けています。

また、ほくリンクではポイントサービスの開始も決定済み。アンケート回答やゲームなどでポイントが貯まり、貯まったポイントは地域の名産品や各種クーポンなどと交換できます。詳細な情報はまだ発表されていませんが7月を目処に開始予定。情報が決定次第ホームページ等に掲載されると思うので、気になる方は小まめにチェックして開始に備えましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.rikuden.co.jp/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ