1. 「昭和シェルの選べる電気」がエリア拡大!関西エリアと四国エリアに供給開始

「昭和シェルの選べる電気」がエリア拡大!関西エリアと四国エリアに供給開始

昭和シェル石油

昭和シェルは3月1日から、電力サービス提供エリアを関西電力エリアと四国電力エリアにも広げることになりました。プランの魅力と追加エリアの概要を詳しく見ていきましょう。

エリア拡大で広がる昭和シェルのサービス

現在では、一般家庭と法人向けのプランを共に、以前から提供されてきた東北、東京、中部、中国、九州のエリアと合わせて、7つのエリアで利用できるようになっています。関西電力エリアは、一部地域を除く、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県、福井県、岐阜県、三重県の地域に対応。四国電力エリアは、一部地域を除く、徳島県、高知県、香川県、愛媛県、の地域に対応していますので、お住まいの地域と照らし合わせてみましょう。

利用にはスマートメーターの設置のための工事が必要になりますが、工事にかかる費用は無料で利用することができます。解約手数料や違約金も無料となっていますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

魅力的な2プランを、関西エリアと四国エリアでチェック!

一般家庭と法人向けの低圧電力プランには、「ドライバーズプラン」と「ホームプラン」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。エリアによって詳細は異なってきますので、関西エリアと四国エリアそれぞれ、該当する地域用のHPから確認してみましょう。

ドライバーズプランの特徴について

各エリアによって上限は異なりますが、ガソリン代をお得に使用できるプランです。関西エリアと四国エリアの場合は、ひと月に50リットルまで、レギュラーまたはハイオクのガソリン1リットルあたり10円、軽油の場合は5円お得になります。一部対象外店舗を除き、サービス提供エリアのサービスステーションで利用可能です。

さらに、昭和シェルのサービスステーションで給油をする時に、特定のクレジットカードを登録して支払うとさらに割引が得られる特典なども設けられています。例えば、昭和シェルの「シェル スターレックスカード」で支払うようにすると、1リットルあたり10円の割引にさらに13円の割引が上乗せされ、23円の割引になる場合も。また「Pontaカード」を活用する場合には、1リットルあたりPontaポイントが1~2ポイント得られる特典があります。

ドライバーズプランの場合も、ひと月に300kWh以上の電気を使用すると電気代がお得になります。ただ300kWh未満の場合には割高になってしまうため、電気使用量もあらかじめチェックしてから検討しましょう。

ホームプランの特徴について

切り替えるだけで、電気代のお得が期待できるプランです。電気使用量が多く、さらに夜間に使用するほどお得になるでしょう。夜間に電気を使う作業をする人には特におすすめ。関西エリアと四国エリア共に、ホームプランAとホームプランBの種類があります。それぞれ電気料金の値は異なりますが、プラスされる各種割引は共通していますのでお得になるステップを確認してみましょう。

電力量料金(ホームプランAの場合は最低料金を含む)の金額に応じた、指定の割合の割引が追加されるサービスがあります。「ボリューム割引200」では、電気使用量が200kWh~299 kWhの場合に2パーセントの割引、「ボリューム割引300」では、電気使用量が300kWh以上で5パーセントの割引になるでしょう。

「ナイトタイム割引」は、電気使用量が300kWh以上で、20時~翌朝7時のナイトタイムの使用割合が60パーセント以上になると2パーセントの割引になるサービスですが、これに当てはまると、全体で最大で7パーセントの割引になります。

また、ホームプランの場合もレギュラーまたはハイオクのガソリン、軽油が、ひと月に100リットルまで1リットルあたり1円の割引になるサービスがあります。ドライバーズプランと同じくクレジットカードのサービスもありますので、お得に活用してみてくださいね。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ