1. 電力自由化で話題のスマートメーターって?取り付け工事は立ち合い?無料?

電力自由化で話題のスマートメーターって?取り付け工事は立ち合い?無料?

スマートメーター

電力自由化に伴い、注目を集めているのがスマートメーターというものです。しかし、具体的にどんなものかと言われれば、答えられない方も多いでしょう。そこで、電力自由化前に知っておきたいスマートメーターの詳しい知識を一挙公開。電力自由化前に知っておいてください。

スマートメーターって?

スマートメーターというのは、従来の電力メーターにかわって今後、各家庭に設置される最新鋭のメーターのことです。従来の円盤が回転するメーターに比べると見た目も非常にシンプルで、いわば従来のものがアナログ、スマートメーターがデジタルといったところでしょう。そんなスマートメーターには通信機能がついており、これを使って電気使用量を電気会社に届けてくれます。そのため、今までのような電力会社によるメーターの確認が不要。遠くからでも電気の使用状況が分かるようになるのです。また、スマートメーターの測定結果は30分ごとに送信されるので、電力の見える化がより詳しいものへと変化します。さらに、スマートメーターによるセキュリティ強化など、様々なサービスの登場も期待されるでしょう。そんなスマートメーターは順次設置されていき、2024年には日本中、すべての家庭に設置される予定となっています。

スポンサーリンク

スマートメーターは無料?

先に結論から言ってしまうと、スマートメーターの取り付けは基本的に無料です。そのため、新電力を導入する際も余計な費用がかかることはなく、安心して交換をしてもらえます。ただ、例外となるケースもあり、古い家などの場合、スマートメーター設置のために壁の工事が必要になることも。この場合は料金が発生することもあるので注意しておきましょう。また、スマートメーターは電力会社のものですので、引っ越しなどの際は持っていけません。こういった点からも無料の意味が分かってくると思います。

お金をとられないように注意!

ここで注意しておきたいのが電力自由化に伴い登場する可能性のある悪質業者です。電力自由化を良いことにスマートメーターのことを知らない人に、有料の取り換えを提案してくるケースもあるかもしれません。こういった悪質業者の被害は事前に無料だと知っておけば防げます。絶対に悪質業者には騙されないようにしましょう。

取り付け工事は立ち合い?

スマートメーター取り付け工事の立ち合いについては微妙なところで、お願いされる場合もあれば、必要ないことも。というのも、東京電力と九州電力以外のエリアの場合、スマートメーターへの交換に伴い短時間の停電が発生します。この場合、家電の状態などを確認するため、できれば立ち会っておいた方が安心でしょう。逆に停電しないエリアであれば基本的に立ち合いの必要はありません。おそらく工事の前に説明されると思うので、事前に確認しておき、立ち合いが必要であれば日程を調整しましょう。ちなみに、停電時間は5分ほどと言われています。

取り付けまではどれくらい?

スマートメーター取り付けまでの期間は約2週間と言われています。とは言っても、これはあくまでも基準のひとつ。電力自由化前には大量の需要から、非常に混雑することも予想されます。その場合はスマートメーターの取り付けが遅れることもあるでしょう。ちなみに、実際の工事は数十分ほどで終了するようです。家の作りなどでも変わってくるとは思いますが、そう時間がとらないと思っていいでしょう。
スマートメーターの取り付けによって、細かい電量使用量が見えるようになったり、各種省エネサービスがうけられたり、様々なメリットが期待されます。取り付けも無料で場合によっては立ち合いすら不要なので、新しい電気と付き合うためにも、しっかりと設置をしておきましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/スマートメーター

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ