おすすめの電力会社ランキング98社比較

床暖房の電気代を計算してみた!エアコンやガス(温水式)と比較した結果は?

フローリング

足元からポカポカの床暖房。ホコリが舞わないからハウスダストに弱い人でも使いやすいし、導入を考えてる家庭も多いんじゃないかな?

ここでは、そんな床暖房に必要な電気代を計算してみたよ。ガス(温水式)の床暖房やエアコンと比較した結果もあるから、導入の参考にしてみてね!

これが結論!

電気式床暖房の電気代が約6,000~18,000円前後/月。エアコンやガス(温水式)床暖房の方がランニングコストは安め。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

電気式床暖房の電気代を計算してみた!

ひゃー。今日も寒いねぇ。フローリングなんか冷え冷えでしもやけになっちゃいそうだよ。

特に足元は冷えるわよね。私なんか靴下3枚も履いてるんだから!

対冬!って感じだね。でも、いくら防寒したところで限度はあるよね。やっぱり足元を暖める床暖房とか導入した方がいいのかな?

いいわね。床暖房。ただ、あれって電気代が高いのよね…。

え?そうだったの?

特に電気の力でヒーターなどを暖める電気式の床暖房は消費電力が大きくてね…。たとえば、パナソニックの「フリーほっと」って床暖房は定格消費電力(その機器が安全に達成できる最大出力のこと)が以下のように記載されてるわ。

床暖房「フリーほっと」の定格消費電力

  • 6畳:960W
  • 8畳:1500W
  • 10畳:1800W
  • 12畳:2100W
  • 16畳:2850W

す、すごい消費電力…なの?僕、消費電力だけ見てもよく分からなくて…。

消費電力さえわかれば電気代の計算は簡単よ。電気代は「消費電力(W)÷1000×1kWhあたりの電気代×使用時間」で割り出せるの。この式に当てはめて電気代を計算すると以下のようになるわ。

電気式床暖房の電気代目安
大きさ1時間1日(8時間)1ヶ月(8時間/日)
6畳約25.9円約207.2円約6,216円
8畳約40.5円約324円約9,720円
10畳約48.6円約3,888円約11,664円
12畳約56.7円約453.6円約13,608円
16畳約77.0円約616円約18,480円

※1kWhあたり27円で計算
※一部四捨五入済み

た、高い!

あくまでもカタログに記載されてる定格消費電力(最大出力)で計算してるからね。実際の金額よりは高めだと思うわ。でもね、電気式の床暖房の電気代が高めなのは確かよ。

スポンサーリンク

ガス(温水式)の床暖房と比較してみよう!

もうちょっとランニングコストが安い床暖房は無いのだろうか…。

ガスを使った温水式の床暖房なら電気式よりは安くなるわよ。

お、それはよさそう。どのくらい違うの?

あくまで一例だけど、ガスの床暖房なら下記のような感じね。

1ヶ月分のランニングコスト目安
大きさガス(温水式)床暖房電気式床暖房
6畳約3,280円約6,216円
8畳約4,210円約9,720円
10畳約5,140円約11,664円
12畳約6,070円約13,608円
16畳約7,926円約18,480円

わお!随分と違うね!

あくまでも目安だし床暖房の機種によって異なるとは思うけど、多くの場合はガスの床暖房の方がランニングコストは安めね。ちなみに、上の「ガス(温水式)床暖房」の金額はガス代+電気代(500円前後)の合計よ。

スポンサーリンク

エアコンや他の暖房器具と比較してみよう!

床暖房とエアコンやストーブなど。どれが節電になるかも気になるわよね。

気になる!

そこで1ヶ月のランニングコストをいくつかの暖房器具と比べて表にしてみたわ。ちなみに、床暖房は10畳用のランニングコストで比較してるわよ。

暖房器具1ヶ月のランニングコスト目安
電気式床暖房(10畳)約11,664円
ガス(温水式)床暖房(10畳)約5,140円
エアコン(鉄筋10畳)約5,702円
電気ストーブ強 約6,480円
中 約3,888円
こたつ強 約1,104円
弱 約528円

ガス(温水式)の床暖房でエアコンと同じくらいかぁ。っていうか、こたつ安いな!

こたつは電気代を大幅に節約できることで有名な暖房器具だもの。まぁ、その分だけ暖める位置が限られちゃうけどね。

う~ん。床暖房の足元ポカポカは魅力的だけど、電気代やらガス代のことを考えると買うか悩むなぁ。

自宅にある電気式床暖房の電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

床暖房の電気代は電力会社の見直しで安くなるかも!

もし電気式床暖房を買うなら、電力会社を見直してみるのもひとつの手よ。

電力会社を?

そう。携帯電話やガスとセットでお得なプランや、ライフスタイルに合わせたプランなどを用意してるから、上手く切り替えれば電気代の大幅な節約も可能よ!

そっかぁ。それじゃあ、まずは電力会社から見直してみようかな。