1. 東京電力と契約中の方は旧プランから新プランに変更するだけで簡単に今より電気料金が安くなります

東京電力と契約中の方は旧プランから新プランに変更するだけで簡単に今より電気料金が安くなります

東京電力エナジーパートナー

東京電力(TEPCO)と電気の契約をしている人は、わざわざ電力会社を変更しなくても、契約プランを見直すだけで電気代が安くなる可能性があります!

契約プラン見直しで電気代節約の可能性大

電力自由化で多くの電力会社が登場したことを受け、東京電力は顧客が離れてしまわないよう、お得感のあるプランを用意しました。

従来の「従量電灯B」「従量電灯C」とは別に、複数プランを発表しているので、プランを最適化することによって、電気料金を抑えることができるのです。

電力会社を変えるとなると少々面倒に思えますが、プランを変更するだけなら手間が少ないので、ぜひともプラン見直しを実行していただきたいと思います。

注意点

オール電化住宅の家庭については、現在の契約プランが最適な場合が多いので、プランの切り替え等は慎重に。一度プランを変えると、元のプランに戻せない場合もあるので注意しましょう。

ただ…残念ながら契約プランの見直しで、電力会社の切り替えと同レベルの電気代節約効果は見込めません

東京電力

※3人以上の世帯を想定した東電のシミュレーション結果

電気代の大幅削減なら「あしたでんき」に切り替えては?

大幅に電気代を安くしたいなら電力会社を切り替えるのが手っ取り早く、そして効果絶大です。実際、家計節約テクニックとして、電力会社の切り替えは多数のサイトで紹介されています。

東京電力エリアで今一番オススメできる、電気代が安い電力会社は「あしたでんき」です。

あしたでんき

※3人以上の世帯を想定したあしたでんきのシミュレーション結果

「あしたでんき」は東京電力の100%子会社。子会社を設立しダントツに安いプランを提供することは、電力自由化以降、失ってしまった多くの顧客を取り戻し、返り咲くための気合の戦略なんです。

「あしたでんき」はとにかく電気料金が安いのが魅力。シミュレーションをしてみると明らかですが、電気代が高い月で10,000円以上と電気使用量が多い家庭なら年間1~3万円の電気代節約が可能です。

「あしたでんき」への切り替えはとても簡単で、東京電力の別プランに変更するのと手間はほぼ同じ。契約手数料や解約金が0円なので、切り替えで損することは一切ありません。

あしたでんき

「あしたでんき」が安い理由

「あしたでんき」は東京電力の子会社ということはお話ししましたね。

電力自由化スタート以降、“待っていました!”と言わんばかりに東京電力から別の電力会社に切り替えた人が大勢いるわけです。その逃してしまった顧客を取り込むために子会社を設立し、他の電力会社よりも安いプランをつくったというわけですね。

とはいえ、安い安いと言われても、具体的な電気料金がわからなければ切り替えに踏み切れませんよね?それなら「あしたでんき」の電気料金を東京電力と比較してみましょう。

電力会社あしたでんき
東京電力
プラン標準プラン従量電灯BスタンダードS
基本料金10A0円280.80円280.80円
15A421.20円421.20円
20A561.60円561.60円
30A842.40円842.40円
40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円
電力量料金
(従量単価)
最初の120kWhまで25.50円
19.52円19.52円
120kWh超え300kWhまで 26.00円25.98円
300kWh超過 30.02円30.02円
その他特典--電気代1,000円
につき5P付与※

※ポイント付与はTポイントもしくはPontaポイント

まず基本料金の部分。「あしたでんき」は基本料金が0円です。

そしてこれまで電気使用量によって段階的に上がっていた単価が一律に。どれだけ電気を使っても25.50円/1kWh。計算も簡単になりますが、かなり安いと思いませんか?

0〜120kWhまでの単価は東京電力の両プランのほうが安いものの、120kWhを超えたところから単価がしっかり安くなります。

「あしたでんき」に切り替えることで、標準的な家庭なら年間9,000~17,000円くらい電気代が安くなります。これは1ヶ月あたり消費電力400kWhの想定ですが、もっと電気を使う家庭なら、さらに節約効果は大きいでしょう。

まだ自分の電気代がどれだけお得になるのか?具体的に想像がつかないという人は、あしたでんきのシミュレーションで確認してみましょう。無料で何度でもシミュレーションできるので、細かく数字を設定して確かめてみることをおすすめします。

ポイント付与などはありませんが、そういった特典がなくてもしっかり得できる安い電力会社が「あしたでんき」なんです。

もちろん既に東京電力から別の電力会社に切り替えたという人も、さらに「あしたでんき」に乗り換えることで電気代が安くなる可能性大でしょう。

手数料&解約金0円!切り替えは意外と簡単

「あしたでんき」は契約時の手数料や解約金が0円なので、嫌ならいつでも切り替えることができます。もし今後、別の電力会社に切り替えたくなった場合も、負担なしで解約することができるのです。

実際、お試し感覚で東京電力から「あしたでんき」に切り替えたという人も大勢いるくらいですからね。

また「あしたでんき」に切り替える場合もそんなに面倒な手続きは要らず、インターネットから申し込みをするだけ。10分もかからないと思います。

東京電力への解約連絡も「あしたでんき」がやってくれるので、拍子抜けするほどあっさり切り替えできるはず。

ただひとつ注意しておきたいのが、電気代が高くなるシーズンは少し前から申し込みが殺到するので、手続きに時間がかかってしまう可能性があるのです。ですから「あしたでんき」に切り替えるなら電気代のピーク時期を迎える前がベストでしょう。

あしたでんき

人気各社と比較してもやっぱり安い

電力会社の中でも特に人気が高く申し込み数も多い4社の公式サイトで実際に料金シミュレーションをした結果です。

※3人以上の世帯の例(1月の電気料金:600kwh/50Aでシミュレーション)

ENEOSでんき

eneosでんき

東京ガスの電気

東京ガスの電気

Looopでんき

looopでんき

あしたでんき

あしたでんき

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ