1. スチームクリーナーのおすすめ人気ランキング!タイプ別TOP3

スチームクリーナーのおすすめ人気ランキング!タイプ別TOP3

ミラともBEST

スチームクリーナーと言えば高温スチームによりキッチンの油汚れや浴室の水垢を強力に取り除くと言われる優れものじゃ。

さらに、ソファやカーペットなどの汚れを浮き上がらせる効果もあるとされており、ペットや子供がいる家庭ならひとつ持っておくと非常に便利じゃぞ。

今回はそんなスチームクリーナーのおすすめ人気ランキングを「スティックタイプ」「ハンディタイプ」の商品に分けてそれぞれ紹介じゃ!

欲しいスチームクリーナーはどのタイプ?

スチームクリーナーっていくつかタイプがあるんですか?

そうじゃよ。代表的なのは「スティックタイプ」や「ハンディタイプ」じゃな。

スティックタイプ

ハンディタイプに比べて柄が長く床を掃除するのに向いています。また、取り回しのよさから天井や隙間などの掃除にも使えます。立ったままの状態で使えることから腰を痛める心配も少なめでしょう。

ハンディタイプ

片手で使える軽量なタイプ。スティックタイプでは掃除しにくい換気扇や家電の裏側などにも使いやすく、コンパクトなことから収納も楽々。ただ、タンク容量が少なく連続使用時間が短い商品も多めです。

主な用途が床掃除であればスティックタイプ、細かい部分もしっかり掃除したいのであればハンディタイプがおすすめじゃな。

スポンサーリンク

【スティックタイプ】スチームクリーナー人気ランキングを見る

まずはスティックタイプのスチームクリーナーから人気ランキングを紹介するぞ!

第1位 アイリスオーヤマ スチームクリーナー 2WAY STP-202

アイリスオーヤマ スチームクリーナー 2WAY STP-202

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:9,430円(税込)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「STP-202」はスティックタイプだけでなく、ハンディタイプとしても使える2WAYタイプのスチームクリーナーじゃ。

床やカーペットはスティックモードで、窓のサッシや換気扇はハンディモードで。といった使い分けによりあらゆる場所を綺麗にできるぞ!

さらに、スチームの強さを3段階で切替可能。スチーム噴射がタッチセンサーで疲れにくいのもポイントじゃな。また、使い始めも水を入れて30秒ほど待つだけじゃから、すぐに掃除を始めることができるぞ。

カーペット掃除にピッタリの「カーペットグライダー」や延長ホースなど付属品も充実しておる。

2WAYタイプなんてあるんですか!これは便利!

スペック

  • サイズ:幅300x高さ1180x奥行170㎜
  • 重さ:2.9㎏
  • コード長:5m
  • 消費電力:1500W
  • 使用までの時間:30秒
  • 連続使用時間:20分

第2位 Shark GENIUS スチームモップ S5013J

Shark GENIUS スチームモップ S5013J

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:14,580円(税込)

シャーク(Shark)の「S5013J」は3段階のスチーム調整機能を搭載した機種じゃな。通常のヘッドだけでなく三角ヘッドも付属しておるから部屋の隅や家具の隙間なども綺麗にできるぞ!

また、独自テクノロジーの「スチームブラスターテクノロジー」を搭載しており、集中噴射によりこびりついた汚れを吹き飛ばしてくれるんじゃ!

また、パッドに触れることなく付け外しできる「タッチフリーテクノロジー」も採用。本体の長さは平均的な日本人の身長に合わせて設計されているため、長時間の使用でも疲れにくいぞ。

タッチフリーテクノロジーいいなぁ。掃除した後の汚れたパッドに触るの嫌ですもん。

スペック

  • サイズ:幅298x高さ1124x奥行175㎜
  • 重さ:3.5㎏
  • コード長:5m
  • 消費電力:1200W
  • 使用までの時間:30秒
  • 連続使用時間:-

第3位 Light’n’Easy スチームクリーナー S3101

Light’n’Easy スチームクリーナー S3101

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:8,320円(税込)

Light’n’Easyのスチームクリーナーは約30秒でスチームを噴射できる商品じゃな。

タイルや大理石、絨毯など様々な場所に使用することができ、その力は99.9%の除菌を叶えるとも言われておる。カーペット掃除を快適にする「カーペットグライダー」も付属しておるぞ。

コードも5mと長めに設計されているため、コードの長さが足りずに困ることも少ないじゃろ。コスパ良好という意見も少なくない商品じゃぞ!

シンプルでよさそうな商品ですね!

スペック

  • サイズ:幅285x高さ1200x奥行143㎜
  • 重さ:1.8㎏
  • コード長:5m
  • 消費電力:1500W
  • 使用までの時間:30秒
  • 連続使用時間:12~17分

スポンサーリンク

【ハンディタイプ】スチームクリーナー人気ランキングを見る

次はハンディタイプのスチームクリーナーを紹介していくぞ!

第1位 アイリスオーヤマ スチームクリーナー ハンディタイプ STM-303

アイリスオーヤマ スチームクリーナー ハンディタイプ STM-303

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,980円(税込)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「STM-303」はキッチン周りや窓のサッシなど細かい場所に使いやすいシンプルなハンディタイプスチームクリーナーじゃな。

付属品として「布用ノズル」や「アングルノズル」「ポイントブラシ」などが付くため用途は幅広いぞ。また、コンパクトながらタンク容量は300mlあり、約12分間の連続使用が可能じゃ。

安全機能として水が高温になると圧がかかりキャップが開かなくなる「セーフティキャップ」や「チャイルドロック」を搭載しているのもポイントじゃな。

そして、何より安価じゃからスチームクリーナーの入門用にピッタリじゃ!

持ちやすそうな形状なのもいいですね!

スペック

  • サイズ:幅310x高さ240x奥行130㎜
  • 重さ:1.8㎏
  • コード長:5m
  • 消費電力:1000W
  • 使用までの時間:5分
  • 連続使用時間:12分

第2位 ピーナッツクラブ Smart-Style スチームクリーナー KK-00286YL

ピーナッツクラブ Smart-Style スチームクリーナー KK-00286YL

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,378円(税込)

ピーナッツクラブの「KK-00286YL」は噴射までの時間が約3分。そこから10分ほど連続で使用できるスチームクリーナーじゃ。

一般的なボイラー式のスチームクリーナーで待ち時間が5分前後と言われておるから、使用までがやや早めと言えるかもしれん。

アタッチメントもストレートノズルから、アングルノズル、布用ノズル、ポイントブラシ、フレキシブルノズル、窓用クリーナーなど充実。「空焚き防止」や「温度ヒューズ」などの安全機能も搭載しておるぞ。

待ち時間が短めなのはいいですよね。すぐ掃除を始めたいですもん!

スペック

  • サイズ:幅130x高さ220x奥行290㎜
  • 重さ:1㎏
  • コード長:2.8m
  • 消費電力:1050W
  • 使用までの時間:3分
  • 連続使用時間:10分

第3位 iSiLER スチームクリーナー

iSiLER スチームクリーナー

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,999円(税込)

iSiLERのスチームクリーナーは丸ブラシ・銅ブラシヘッド、角度付きノズルなど全部で15個の付属品がセットになったスチームクリーナーじゃ。そのため、多くの場面で活躍が期待できるぞ。

重量は1.4㎏じゃから使っていて疲れることも少ないじゃろう。サイズもハンディタイプらしくコンパクトじゃな。

また、安全機能としてチャイルドロックも搭載。子供がいる家庭でも使いやすいぞ。

ブルーとホワイトの見た目。おしゃれで好きだなぁ。

スペック

  • サイズ:幅118x高さ238x奥行285㎜
  • 重さ:1.4㎏
  • コード長:3m
  • 消費電力:1000W
  • 使用までの時間:3~5分
  • 連続使用時間:10分

スチームクリーナーの選び方について

スチームクリーナーを選ぶときのポイントって何なんですかね?

それはサイズや重量、スチーム発生方式などいろいろあるぞ。ここからはスチームクリーナーの選び方を紹介じゃ。

スティックタイプかハンディタイプか

冒頭でも説明したように、スチームクリーナーは「スティックタイプ」と「ハンディタイプ」に分けることができる。

スティックタイプは床掃除に便利。ハンディタイプは換気扇や窓のサッシなど細かい部分の掃除に便利といったようにそれぞれ得意分野が変わってくるんじゃ。

どういった用途で使うかを考え、どちらを購入するか選ぶんじゃぞ。ちなみに、スティック・ハンディの2WAY商品も存在するんじゃ。今回紹介した中だとアイリスオーヤマの「STP-202」がそうじゃな。

スチーム発生方式

スチームクリーナーのスチーム発生方式には「ボイラー式」と「パネル式」があるぞ。

ボイラー式

タンクに入れた水を加熱してスチームを発生させる方式。仕組みとしては圧力鍋に似ており、噴射時の圧が高く、またスチームの量も多いことから洗浄力が高いとされています。

ただ、水を加熱するのに時間がかかりがち。商品にもよりますが、5分前後はかかると思っていきましょう。なお、水が温まるまでにかかる時間を「ヒートアップタイム」と言います。

パネル式

タンクの水を温めるのではなく、本体の内部にある鉄板を加熱し、その上を水を通過することでスチームを発生させる方式。鉄板を通過した水だけを温めるため、ボイラー式に比べて使用までの待ち時間が短く、おおむね30秒前後あれば使い始められます。また、使用中に給水することも可能です。

ただ、ボイラー式に比べるとスチームの圧が弱く、また量も少ないことから洗浄力では劣るかもしれません。

電源を入れて30秒程度で使い始められる商品は基本的にパネル式と言われておるぞ。使用までの待ち時間が短く便利なんじゃが、しっかり高温・高圧のスチームを期待するならボイラー式がおすすめじゃ。

サイズと重さ

あまりに大きく重たいスチームクリーナーだと使っていて疲れてしまうし、収納も面倒じゃのう。特にハンディタイプは持ち上げて使うことも多いため、重さは重要なチェック項目じゃ。

使用までにかかる時間

スチームクリーナーはスイッチを入れてすぐに使用、とはいかない家電じゃ。パネル式で30秒前後、ボイラー式で5分前後の待ち時間が発生するぞ。

ただ、この時間は目安であって実際の待ち時間は商品ごとに変わってくる。「いつでもすぐに掃除を始めたい!」という人は使用までにかかる時間が短い商品を選ぶといいぞ。

連続使用時間

スチームクリーナーのスペックには連続使用時間が書かれていることも多い。1回の使用で多くの場所を掃除したいのなら、どれだけ連続で使い続けられるかも確認しておくんじゃぞ。

アタッチメントの種類

スチームクリーナーには一般的なノズルに加え、布用ノズルや窓用ノズルなどが付属していることもある。アタッチメントの種類が多ければ多いほど用途は増えるはずじゃ。

特に、ノズルの先につけられる小さなブラシは洗面台やトイレ、キッチンなど多くの場所で活躍する優れものじゃ。ただ、トイレとキッチンでは別のブラシを使いたいところ。小さなブラシが付属しているかだけでなく、いくつ付属しているかも確認するんじゃぞ。

スチームクリーナーの電気代について

スチームクリーナーの消費電力は1000~1500Wとかなり高めじゃが、使用時間は1回あたり10分前後。長くても20分といったところじゃろう。

使用時間が10分の場合は約4.5~6.75円。使用時間が20分だとしても約9~13.5円といったところじゃな。他の掃除家電に比べれば高めかもしれんが、スチームクリーナーを毎日のように使うことは少ないじゃろう。

そのため、極端に電気代が気になることはないと思うぞ。

まとめ

スチームクリーナーのおすすめ人気ランキングはどうだったかな?

スチームクリーナーは年末の大掃除なんかに活躍する、持っておくと便利な掃除家電だよ!

意外と低予算で買える商品も多いから、ぜひ今回のランキングや選び方を参考に導入を検討してみてね!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ