1. 家電の寿命はどれくらい?節電・節約になる買い替えのタイミングとポイント

家電の寿命はどれくらい?節電・節約になる買い替えのタイミングとポイント

洗濯機

毎日の生活に欠かせない家電製品ですが、それぞれの家電について、その耐用年数や買い替えのタイミングはご存知でしょうか?今回は、家電製品の寿命や買い替え機会を、主な家電別にご紹介!節電や節約につながるポイントなどもお伝えします。

家電別・寿命と買い替え適期について

冷蔵庫

365日&24時間休むことなく動き続ける冷蔵庫ですが、その寿命は一般的に10年ほどといわれています。最近では、メーカーが「10年保証付き」と掲げている機種が多くあり、やはり目安は10年と考えてよいでしょう。しかし、突然の故障で慌ててしまうのが冷蔵庫です。購入してから8年ほど経過したら、買い替えを実施した方が安心かと思います。また、特に冷蔵庫はここ近年で省電力化が圧倒的に進み、同じ位の容量で10年前の年式の物と比較すると、半分以下の消費電力ということが実証されています。家庭での電力消費において、トップクラスを占めるのはこの冷蔵庫です。節電の観点で考えれば、早めの買い替えをおすすめしたいところです。

洗濯機

こちらも、日常生活に欠かせない家電ですよね。洗濯機の耐用年数は、各メーカーとも7年ほどの設定となっています。それまでは一般的に部品保有が行われ、修理も可能のようですが、7年を過ぎると部品の製造がストップとなることが多く、修理不可となってしまうようです。購入してから7~8年、または2,500回~3,000回の使用にて買い替えすることをおすすめします。

オーブンレンジ

食品の温めやグリル調理など、幅広く活用されているオーブンレンジ。使用頻度にもよりますが、約10年で寿命を迎えるようです。こちらも進化がめざましい家電の一つで、新製品のサイクルが早いことでも知られています。部品保有は5年ほどというメーカーもあり、故障となったら修理せず、買い替えを考えた方がよいでしょう。運転中に突然止まる、原因不明のエラーで運転しない、などのトラブルが買い替えのサインとなっています。

掃除機

掃除機はモーターの劣化によって寿命が訪れ、耐用年数は6~8年といわれています。吸引力の低下や、異音、異臭などが生じたら買い替えのタイミングです。紙パックの定期的な交換や、フィルター清掃など、こまめなメンテナンスをすることでモーターの負担が軽減され、故障や劣化を防ぐことにつながります。

エアコン

エアコンの寿命は、使用頻度や性能により異なるものの7~10年位が目安となっています。多くはコンプレッサーの故障によるもので、エアコンの効きが悪い、異音がするなどが生じたら、買い替えを考えたほうがよいでしょう。また、エアコンについても近年で省電力化が進んでおり、最新機種であるほど節電につながります。問題なく運転していても、約10年を目安に、買い替えを検討されることをおすすめします。

液晶テレビ・プラズマテレビ

ご家庭に楽しみを与えてくれるテレビですが、その寿命は思いのほか短く、6~7年ほどといわれています。多くはバックライトの故障によるもので、突然映らなくなる、などの現象が起こります。その際は修理の対応もあるものの、新しい機種の省電力化を考えると、購入から6年以上経過している場合は、買い替えを行った方がベターとなっています。画面の色合いに違和感がある、音声が割れている、など、故障の前兆となるサインも見逃さないことが大切です。

スポンサーリンク

買い取り・下取りサービスについて

家電の買い替え時について、古い家電の買い取りサービス、又は販売店で実施している下取りサービスを活用していきましょう。買い取り・下取りのお得ポイントをまとめてみました。

買い取りとは?

リサイクルショップをはじめとする専門店等に、古い家電を買い取ってもらうシステムです。お金にもなる他、家電が無駄になることなく、次の必要な方へと受け継がれます。ただし既に故障していたり、古い年式のものは買い取り不可となることもあるため、注意が必要です。

下取りとは?

多くの家電販売店が実施しているシステムで、同種の古い家電を買い取ってもらうと同時に、新しい家電を購入することをいいます。下取り価格が一律に設定され、商品購入の際にその金額と相殺、という場合が多いようです。

いかがでしたか?家電の買い替えについて、その適期やポイントについてご紹介いたしました。種類ごとに違いはあるものの、早めの買い替えを行うことで節電へとつながったり、古い家電の買い取りが可能になったりと、メリットが数多くあることがお分かりいただけたかと思います。お得なライフスタイルのヒントとして、買い替えタイミングを逃すことなく過ごしていけたらいいですね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ