1. 冬の節電におすすめな100均グッズ!100円ショップで買える商品で暖かくしよう

冬の節電におすすめな100均グッズ!100円ショップで買える商品で暖かくしよう

湯たんぽ

寒い日にはエアコンやホットカーペットといった暖房器具が欠かせませんが、気になるのが電気代ですよね。

毎日長時間稼働させる暖房器具ですから、少しずつでも節電したいもの。

そこで今回、生活に必要はほぼすべての物が揃うとも言われる100円ショップで節電対策に使えるアイテムがないか調べてみました。実は冬の節電におすすめなグッズが100均にもたくさんあるんですよ。

これが結論!

100均グッズも工夫次第で節電に役立てることができます。冷気・すきま風を遮断できるアルミシートや隙間テープはおすすめ。また便座カバーや体を温めるグッズの活用も、電気代節約に繋がることでしょう。具体的なグッズは本ページで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

「アルミシート」で冷気を遮断

アルミシート

100均には1枚1畳ぶんくらいのサイズのアルミシートが売られています。

このアルミシートをホットカーペットの下に敷くことで、床下から伝わってくる冷気を遮断してくれるのです。

これだけでも足元がいつもより暖かく感じることでしょう。

アルミシート、100円均一ショップで見たことあるよ!

防寒対策コーナーだけじゃなくって、レジャーコーナーに並んでいることもあるみたい。レジャーシートとして販売されているものでも、問題なく使えるはずよ!

スポンサーリンク

「コルクマット」で床下の冷気をシャットアウト

どんなに部屋の空気が暖かくても、足元が冷たいと寒く感じてしまいますよね。

床下の冷気を防ぐには、ラグやカーペットの下にアルミの断熱シートを敷くとよいと言われていますが、コルクマットも冷気の遮断には効果的なんですよ。コルクマットはサイズが小さいので、それなりの枚数が必要になりますが、断熱性が高いのでおすすめです。

コルクマットは厚みがあるし、床の防寒対策にはピッタリかも!

さっそくラグマットの下に敷いてみようか!?

スポンサーリンク

「プチプチ(緩衝材)」で窓からの冷気を遮断

緩衝材

窓からの冷気も、部屋を冷やしてしまいます。

窓に梱包用のプチプチ(緩衝材)を貼ると、二重サッシのような効果を得ることができますよ。プチプチの面をガラスに貼るのが冷気を防ぐポイントです。

ちなみにプチプチだけでなく、緩衝材として販売されているエアシートなども窓の冷気遮断に役立ちますよ。

「隙間テープ」ですきま風対策

100均にある隙間テープ。これが扉などから入ってくる冷たいすきま風をシャットアウトしてくれます。

意外と手をかざしてみると、すきま風が入ってくる家庭は少なくないもの。このすきま風が部屋の温度を下げてしまうので、ぜひ隙間テープを貼ってみましょう。

隙間テープはぜひ使いたいね!

すきま風って気になるもんね。使ってみましょ!

「便座カバー」でトイレの節電

ひんやりと冷たいトイレの便座。便座の温度は「強」より「中」、「中」より「弱」と弱くすることで電気代を下げることができますが、ONにしていれば少なからず電気を使います。

そこで便座カバーを使えば、暖房便座を完全にOFFにすることができるのです。

最近は100均にもいろいろなデザインの便座カバーが売っているので、ぜひ活用してみてくださいね。

あたたかグッズもおすすめ!体を温めて電気代節約

100均にはあたたかグッズもたくさん揃っています。体を温めることは節電にも繋がるんです。

モコモコグッズ

モコモコしたあたたか素材でできたソックスやルームシューズなどを身につけることで冷えを防ぐことができます。滑り止め付きのものや5本指タイプなど種類も豊富で、長さも選べます。かわいいものが多いので、身につけるとテンションも上がりますよ。

ブランケット

最近では結構大き目なブランケットなども100均で販売されています。

ブランケット1枚あるとないとでは、温かさが全く違います。ブランケットを上手に活用してエアコンの温度を1℃下げてみるのもわるくないですね。

湯たんぽ

カラフルでかわいいデザインで、サイズも数種類あるので、用途によって使い分けることもできますよ。

ミニサイズはポケットに入れてカイロ代わりにもなりますね。体を温めることは、節電に大きく繋がりますよ。

今や100円ショップは生活に必要なほとんどのアイテムが揃っていると言えるよね。

そうね。電気代節約に役立つグッズを上手に使ってみるのもありね!ただし、100円だからって余計なものまで買い過ぎたらダメよ!

それ…僕のことだよね。ついつい買い過ぎちゃうんだよねぇ。

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ