1. 異常に電気代が高い原因は漏電だった?原因と対策方法を知って節約しよう

異常に電気代が高い原因は漏電だった?原因と対策方法を知って節約しよう

漏電のイメージ画像

そんなに電気を多く使った訳でもないのに、何故か急に電気代が高くなった、という事はありませんか?その原因として、もしかして漏電の可能性があるかも知れません。漏電は、特に古い建物で起こりやすい現象です。実際に漏電の経験がある方はそう多くはないでしょう。もし漏電になってしまったらどうすれば良いのか、ご存知の方はさらに少ないでしょう。ここでは、漏電の原因と、その対策方法をご紹介していきます。

漏電が起きる原因

漏電は、湿気や結露が原因で起きる事がほとんどです。水には電気を通す性質がある為、湿気や結露が電化製品の本体やコンセントの中に入ってしまう事が、漏電の原因になるのです。他にも、絶縁体が古くなってしまっている事が原因の場合もあります。家に設置されている配電盤や使っている電化製品が古くなり、絶縁処理されているはずの部分が剥がれてしまう事で起こります。

漏電という状態は、こういった事が原因となり、電気が回路の外に漏れてしまう事を指します。ですが、漏電が原因ですぐに電気代が高くなってしまうという事は、本来ならありえません。それは、各家庭に設置されている分電盤があり、漏電した時には、すぐにブレーカーが落ちるようになっている為です。ところが、分電盤が壊れてしまっている場合には当てはまりません。漏電が起きた時に、ブレーカーが落ちるようにする分電盤が故障してしまっていたら、ブレーカーが落ちず、そのまま漏電した状態で電気が使われ続けます。その結果、電気代が跳ね上がってしまうのです。さらに、そのまま使っていると、感電や火災といった事態に発展してしまう事もあります。

スポンサーリンク

漏電していた時はどうすべきか

何度もブレーカーが落ちるようになったなどの状態が確認された場合、まずは家庭にある分電盤を見て下さい。漏電ブレーカー(無い場合は、主幹ブレーカー)を見る事で、家のどの部分から漏電しているのかが分かります。まず、主幹ブレーカーをオンにして、分岐ブレーカーを全てオフにします。それから、漏電ブレーカーをオンにします。(漏電ブレーカーが無い場合は、この作業は省略)そして、分岐ブレーカーを一つずつ順番にオンにしていきます。

“漏電ブレーカーが落ちる場所=漏電している場所”なので、この方法で漏電している場所が確認できます。現在の分電盤のほとんどが、リビングやキッチンなど、どの場所に送電しているかが分岐ブレーカーに書かれています。その為、どの場所で漏電が発生しているかが分かるのです。また、漏電している場所が1つとは限らないので、必ず全ての分岐ブレーカーをチェックしましょう。そして、漏電している分岐ブレーカーは、必ずオフにしておいて下さい。

漏電している場所の確認ができたら、そこで使っている家電製品なども確認しておきましょう。コードや本体を確認し、壊れていたりした場合にはコンセントから外しましょう。それから、もう一度分岐ブレーカーの確認をします。先程と変わらず漏電ブレーカーに異常がある場合は、配線がショートしてしまっている可能性があります。万が一にも火事などが起こってしまっては大変ですから、早急に電力会社か業者に連絡をしましょう。どこの業者に連絡をすれば良いか分からない場合には、インターネットなどで「漏電 修理 お住まいの地域名」のように検索すれば、近くの業者が見つかります。

まとめ

漏電が起こってしまうと、電気代が高くなり、家計にも大きな負担となってきます。さらに、火事などの原因となってしまう危険性もあるのです。湿気や結露など、漏電の原因となりやすい要因には日頃から注意しておくようにしましょう。特に、洗濯機や冷蔵庫などは底に水が溜まりやすいので、そういった電化製品にも注意が必要です。漏電は、きちんと気を付けていれば未然に防げるものです。日頃から気を付け、もしも漏電が起きてしまい自分では対処できない場合には、すぐに電力会社か業者に連絡をするようにして下さい。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ