1. ガスストーブのガス代ってどれくらい?光熱費を節約しながら上手に使うポイント

ガスストーブのガス代ってどれくらい?光熱費を節約しながら上手に使うポイント

ガスストーブは、ガスストーブに専用のコードを接続してガス栓とつないで使う暖房器具です。ガスを燃料に使って暖めるタイプで、場合によってガス栓を増やすなどの手順が必要になりますが、燃料に電気を使わない分電気代の節約に役立つでしょう。でも変わりに光熱費が気になることが。今回はガスストーブの特徴と合わせて上に使うポイントをご紹介します。

ガスストーブの特徴とは?

燃焼パネルなどによる赤外線の熱であたためられることから、温風が直接吹き付けないという特徴がありますが、ファンがついているものは温風が出ることもあります。商品によって詳細は異なる部分もありますので、それぞれのガスストーブのしくみをよく見てみましょう。点火の際に電気を使うことがありますが、乾電池で行うものもあり、カセットガスを使うタイプのように圧電点火方式で活用できるものもあります。
 

ガスファンヒーターについて

ガスファンヒーターは温風が出るタイプとして知られていることもありますが、ガスを燃料にするという点ではガスストーブと共通しています。ガスファンヒーターは立ち上がりが早く、部屋がすぐにあたたまりやすいという特徴も挙げられていますので参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

ガスストーブのメリットとは?

エアコンなどのあたたかさを感じるまでに時間がかかる暖房器具と比べると、ガスストーブはピンポイントであたたかさを得られやすいでしょう。灯油の場合には臭いが気になると言われることがありますが、そのような悩みの解消にも役立ちます。また、ガスファンヒーターにも共通するポイントとなりますが、ガスを使用しているためガスの燃焼による加湿効果についても挙げられることがあります。

ですが、ガスの燃焼にはデメリットもあり、使用の際には不完全燃焼による一酸化炭素中毒を防ぐため、換気も必要になります。防止装置が付いている機械もありますが常に意識して気をつけておきましょう。

ガスストーブのガス代について

ガスストーブは、木造とコンクリートでそれぞれ~畳まで、のように広さによって商品の種類があります。部屋が広くなればそれだけあたためるのにエネルギーが要りますので、その分ガス代も必要になるでしょう。金額としては、6畳の場合で1時間20円~30円などの値が挙げられることがありますが、ガス代はガスの種類などによっても差がありますので、細かい部分は現在活用しているガス料金の環境で計算してみるとわかりやすいですね。このほかカセットガスの場合にもコストの考え方は変わってきますので、使いたいガスストーブに合わせて検討してみましょう。

効率良く使って光熱費を節約しよう!

暖房器具は個々のアイテムを併用することでより効率良く使うこともできますが、ガスストーブとエアコンの併用も方法の一つです。エアコンの立ち上げと一緒にガスストーブを使うと、エアコンの設定温度を高めにせずにスムーズにあたたかさを得られやすくなる場合もあります。

また、ガスストーブにはコンパクトで持ち運びしやすく、置き場所を取らないというようなメリットもあります。そのため、特に冷えが気になるところに持っていくことも可能になるでしょう。窓際にファンヒーターやストーブを置くこともおすすめ方法として挙げられています。ですが、ストーブの形によって相性が異なることや、結露の心配が出てくることがありますので、環境に合わせて上手に活用してみましょう。

ほかには、省エネ機能やタイマー機能などがあれば活用し、フィルターなどの掃除やメンテナンスを行ってベストな状態で作動させることもポイントです。体感温度が上がったら冷えない工夫をして、上手に取り入れていけると良いですね。

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

2017年4月からはガス自由化も始まるし、ガスの節約についても目を向けて行きたいね。

そうね。その頃にはガス会社も色々と選べるようになるし、色々な角度から見直した方がよさそうね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ