1. 切れかけの蛍光灯は電気代が増えて逆効果?節約する方法は?

切れかけの蛍光灯は電気代が増えて逆効果?節約する方法は?

蛍光灯

皆さんは、蛍光灯はどのタイミングで交換していますか?完全に切れてしまうまで使う、という方も多いのではないでしょうか。

一見最後まで使い切った方が節約になりそうですが、実は切れかけの蛍光灯をそのまま使い続けるのは節約とは逆効果と言われているんです。そこで今回は蛍光灯の交換タイミングや切れかけの蛍光灯を使う問題点などについて紹介したいと思います!

これが結論!

切れかけの蛍光灯は、通常の3倍もの電気を消耗します。つかなくなるまで使うよりチカチカしたタイミングで交換した方が節電になるので早めに交換しましょう。LED照明にすれば消費電力も小さく、また寿命も長いので節約に繋がるはずです。

切れかけの蛍光灯は節約にならない

実は、切れかけの蛍光灯は通常の蛍光灯よりも多くの電気を使ってしまうのです。

節約の為と思いながらチカチカする蛍光灯を我慢して使っても、余計に電気代が高くなってしまうのです。なんと通常の蛍光灯よりも3倍の電力を使う場合もあると言われているのですから驚きですよね。

切れかけの蛍光灯の消費電力

通常の蛍光灯より3倍もの電力を使う場合もあり、節電にはなりません

蛍光灯は点灯するその瞬間に一番多くの電気を消費します。つまりチカチカと繰り返し点灯するという事は、その回数分だけ余計に電気が使われているのです。

これは、切れかけの蛍光灯に限らずどの蛍光灯でも同じ事が言えます。消したりつけたりを繰り返すと、電気の消耗が大きくなるということなのです。

節約の為にと頻繁に蛍光灯をつけたり消したりすると、意外にも余計に電気を消費してしまいます。短時間の間なら蛍光灯をつけたり消したりするよりも、つけっぱなしにしておいた方が節約になるのです。

また、ぼやーっとついている状態でも、十分に通電できていない状態であったりする為、通常よりも多くの電気を使ってしまいます。

驚いた!蛍光灯は最後までしっかりと使い切ったほうが節約になると思ったよ。

通常より3倍も電気を消耗するなんて知らなかったわ!

スポンサーリンク

切れかけの蛍光灯は早めに交換しよう

最近では蛍光灯も進化し、寿命が長いものが増えています。さらに、消費電力を抑えられるタイプの商品も多くあります。

古い蛍光灯をギリギリまでムリして使うよりも、実は新しいものを買った方が節約に繋がることが多いんですよ。LEDなら消費電力が少なく、一般的な蛍光灯よりも寿命がかなり長いので、結果的に節約になる可能性大なのです。

まだ使えると思っても、蛍光灯がチカチカと点滅し始めたら、早めに交換した方が節電になります。また、チカチカしている蛍光灯では、見た目も良くありませんし、健康面でも良い事はありませんよ。

チカチカとした照明はうっとうしいものね。さっさと交換するに限るってことよね。

うんうん。会社でも切れかけた蛍光灯はすぐに交換しよっと!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ