1. 切れかけの蛍光灯は電気代が増えて節電に逆効果?蛍光灯の節約方法まとめ

切れかけの蛍光灯は電気代が増えて節電に逆効果?蛍光灯の節約方法まとめ

蛍光灯

皆さんは、蛍光灯はどのタイミングで交換していますか?完全に切れてしまうまで使う、という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな蛍光灯について見ていきましょう。

切れかけの蛍光灯は節電にならない

実は、切れかけの蛍光灯は、通常の蛍光灯よりも多くの電気を使ってしまうのです。節約の為と思いながらチカチカする蛍光灯を我慢して使っても、余計に電気代が高くなってしまうのです。なんと、通常の蛍光灯よりも3倍の電力を使う場合もあると言われています。蛍光灯は、点灯するその瞬間に、一番多くの電気を消費します。つまり、チカチカと繰り返し点灯するという事は、その回数分だけ、余計に電気が使われているのです。

これは、切れかけの蛍光灯に限らず、まだ使える蛍光灯でも同じ事が言えます。節約の為にと頻繁に蛍光灯を点けたり消したりすると、意外にも余計に電気を消費してしまいます。短時間の間なら、蛍光灯を点けたり消したりするよりも、点けっぱなしにしておいた方が節約になるのです。また、ぼやーっと点いている状態でも、十分に通電できていない状態であったりする為、通常よりも多くの電気を使ってしまいます。

スポンサーリンク

早めに交換しよう

最近では蛍光灯も進化し、寿命が長いものが増えています。さらに、消費電力を抑えられるタイプの商品も多くあります。古い蛍光灯をギリギリまで使うよりも、新しいものを買った方が、節約に繋がりますよ。LEDなら、消費電力が少なく、一般的な蛍光灯よりも寿命が長く、しかも明るいのでおすすめです。

まとめ

まだ使えると思っても、蛍光灯がチカチカと点滅し始めたら、早めに交換した方が節電になります。また、チカチカしている蛍光灯では、見た目も良くありませんし、健康面でも良い事はありませんよ。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ