1. 蛍光灯とLEDを比較!電気代(消費電力)や寿命、明るさの違いは?

蛍光灯とLEDを比較!電気代(消費電力)や寿命、明るさの違いは?

電球を取り替える人

電気代の安さや交換の手間を減らせるメリットから徐々に普及しているLED。これって従来の蛍光灯と比較して電気代がどのくらい違うんだろう?寿命がそんなに長くなるのかな?

ここでは、蛍光灯とLEDを比較して電気代や寿命、明るさなどの違いを紹介していくよ!

これが結論!

LEDシーリングライトの電気代は1日8時間使用で約10.8円。これは従来の蛍光灯の半分程度です。また寿命は約3~6倍!なお、LEDの明るさは消費電力ではなくlm(ルーメン)の値で決まります。

メリットたくさんのLED

最近、家の照明をLEDに変えたってことをよく聞くんだけど、LEDってそんなにいいのかな?

LEDはいいわよ。従来の蛍光灯より電気代が安かったり、寿命が長いから交換の手間が少なかったり、いろいろ助かるんだから!

LEDのメリット

  • 従来の蛍光灯に比べて消費電力が少なめ
  • 約40,000時間の長時間寿命
  • 小型化しやすく照明のデザインに幅が出る
  • 熱を感じにくくエアコンの節電に繋がる
  • 紫外線を出さず虫が寄り付きにくい
  • 電気をつけてからすぐ明るくなる

電気代や寿命ばかり有名だけど、実は従来の蛍光灯に比べて熱量が少なくエアコンの節電などに繋がるとも言われてるのよ。

そ、そんなメリットまであったのか。

他にも紫外線を出さないため虫が寄りにくく外の光にも向いてるっていわれているわ。光に虫が寄ってくるのって、光に紫外線が含まれているからなんですって。

いいねぇ。ところで、消費電力が少ないって、従来品とどのくらい違うの?

スポンサーリンク

LEDなら電気代が半分ほど!

商品によって違うとは思うけど、私の調べた感じでは従来の円形蛍光灯は消費電力が100W前後。対してLEDのシーリングライトは12畳向けで消費電力が50W前後だったわ。

おぉー。半分程度になるんだ。

消費電力から電気代を求める時は「消費電力(W)÷1000×1kWhあたりの電気代×使用時間」ってなるのね。もし照明を1日8時間つけるとしたら、蛍光灯とLEDの電気代は下のようになるわ。電気代は分かりやすく1kWhあたり27円で計算してるわよ。

蛍光灯とLEDの電気代(8時間使用を想定)

  • 蛍光灯:100W÷1000×27円×8時間=21.6円
  • LED:50W÷1000×27円×8時間=10.8円

※1kWhあたり27円で計算

消費電力がぴったり半分だから電気代もちょうど半分だね!

どう?かなり大きいと思わない?

う~ん。1日10円くらいの差だとピンとこないなぁ…。

確かに1日だと10円程度の差しかないけど、これが1ヶ月になれば約300円。年間なら約3,650円よ!これが小さい差とは言わせないわ!

蛍光灯とLEDの電気代差目安

  • 1ヶ月で約300円、LEDのほうが安くなる
  • 1年なら約3,650円、LEDのほうが安くなる

そうやって考えると大きいかも!

照明はほぼ毎日使うものだからね。ちょっとした差でも最終的に大きな差になるんだから!

スポンサーリンク

自宅にある蛍光灯やLEDの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

LEDなら寿命が3~6倍ほど!

LEDなら従来の蛍光灯より寿命が長いから交換の手間も少なくて済むわよ!

どのくらい違うの?

寿命も商品によって違うから絶対とは言えないけど、おおむねの寿命は下のように言われてるわ。

蛍光灯とLEDの寿命目安

  • 蛍光灯:6,000~12,000時間
  • LED:40,000時間

お~。最低でも3倍以上かぁ。

1日8時間使用と想定した場合、1ヶ月で約240時間、1年で約2920時間だから、蛍光灯の方は2~4年くらいで切れちゃう計算になるわね。対して、LEDなら10年以上持つこともあるってことよ!

そんな長期間交換がいらないのか!

もちろん使い方や商品によるけど、歳のせいで蛍光灯の交換が億劫な人なんかには最適だと思うわよ!

明るさはlm(ルーメン)をチェック!

ところで…LEDって明るさは大丈夫なの?だって従来の蛍光灯に比べて消費電力が低いんでしょ?それだけ暗くなったりしないの?

従来の蛍光灯は基本的に消費電力(W数)がそのまま明るさに繋がったから、消費電力が低いと暗くなるイメージがあるかもしれないけど、LEDの場合は「消費電力=明るさ」じゃないのよ。

え?それじゃあ、どうやって明るさを見極めるの?

それはね「lm(ルーメン)」って数字をチェックするのよ。実際にLEDを買ったことがある人なら分かると思うけど、パッケージやスペック表に「1000lm(ルーメン)」などの記載があるの。

でも…1000lm(ルーメン)とか言われても、それがどのくらいの明るさか分からないよ…。

まぁ、専門的な用語だから仕方ないわよね。基準としては40W相当で2,250lmって言われてるわね。ちなみに、LED電球については「40W相当 485lm」みたいな記載があるから参考にするのがおすすめよ。

明るさの目安

40W相当の蛍光灯が2,250lm(ルーメン)

本体価格はLEDの方が高め

いやぁ、LEDって凄いんだね。節電になるし交換が少なくなるし。メリットだらけだ!

そう。LEDはすっごくメリットが多いのよ。でもね、デメリットがゼロとは言えないわ。

そ、そうなの?

実は普通の蛍光灯に比べると販売価格が高めなのよ。たとえば、従来の蛍光灯は1,000円以下で買えるのに対して、LEDは3,000円以上することもあるの。

それはなかなか。初期コストが高いと導入を躊躇しちゃいそう…。

とはいえ、さっきも言ったように年間で3,000円以上の電気代節約になることもあるんだから、すぐに取り戻せるんじゃないかしら。それにLEDの寿命が尽きるまでに普通の蛍光灯だと3~6回くらいは買いなおさないとだしね。

最初に少しお金がかかるけど、長い目で見ればお得ってことか。

何事も先を見据えて賢い選択をしなきゃね!

LEDの活用で節電しよう!

LEDは従来の蛍光灯に比べて電気代が半分程度、寿命が3~6倍もあるなんて凄いよね。

照明は毎日、それも6時間や8時間など長時間つけておくものだから節電効果は大きいはず。みんなも蛍光灯の切り替え時にはLEDの導入を検討してみてね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ