1. 電気毛布・ひざ掛けを冬の節電に活用!電気代も安くておすすめな理由

電気毛布・ひざ掛けを冬の節電に活用!電気代も安くておすすめな理由

ひざ掛け

冬の寒さをしのぐために電気はかかせないツールですが、電気代は気になるところ。お金だけに限らず、貴重な電気は無駄遣いせず活用していきたいものですね。今回は電気毛布や電気ひざ掛けと呼ばれるアイテムに注目して、おすすめの理由をご紹介します。

普通の毛布やひざ掛けと何が違うの?

冬に役立つあたたかい素材の毛布やひざ掛けは、そのまま体にかけたり巻きつけたりするだけで暖を取ることができますが、電気毛布や電気ひざ掛けは、電気の作用によってさらにあたたかさを得ることができます。電熱線を毛布やひざ掛けに仕込むことで熱を発生させていますので、詳しいしくみも参考にしてみましょう。電気を流すことで、毛布やひざ掛けそのものがあたたかくなります。普通の毛布と同じように体にかけて使うことができますが、電気毛布などは布団の中をあたためたりすることもできますので、メリットもさらに広がるでしょう。

スポンサーリンク

ほかの暖房器具との違いと節電について

暖房器具には、エアコン、ストーブ、ヒーター、こたつなど、さまざまな種類がありますが、機能の面では、それぞれに得意な部分と不得意な部分を持っています。部屋全体をあたためるのに適しているものもあれば、部分的にあたためることに長けているものもあるでしょう。電気毛布や電気ひざ掛けは、機能の特徴から、部屋全体をあたためるのは不得意ですが、体に直接触れてあたためてくれるため、すぐにあたたかさを得ることができます。また、自分自身をあたためる働きによって、ほかの暖房器具の節約にもつながるでしょう。

電気代はどのくらい?

節電を心がける中で気になるのが電気代ですが、電気毛布や電気ひざ掛けは、電気代が安いことでもよく注目されています。細かい部分は個々の商品によって違いがありますが、1時間1円代のものや、モードの切り替えなどによって1円以下になることもありますので、節電に貢献してくれるでしょう。ずっとスイッチを入れっぱなしにしておくのではなく、電気毛布の場合には、寝る前にスイッチを入れてあたためておき、寝るときには電源を切ったり、弱モードにしたりして使うことができますので、これらの特徴も節電に役立つポイントです。

電気毛布と電気ひざ掛けのいろいろなメリット

どちらもあたたかい素材のため、保温性も期待できるでしょう。電気毛布のように大きなサイズのものは、冷えやすい足元も包み込んでくれます。持ち運びも手軽なため、眠る時だけでなく日中でも使うことができるでしょう。ひざ掛けの場合はさらに手軽なサイズなので、椅子に座りながらの活用ができるなど、ピンポイントで活用しやすいアイテムです。機能としては、ダニ退治ができたり、タイマー機能が付いていたり、丸洗いできたり、などの内容もありますので幅広く見てみましょう。

また、電気毛布や電気ひざ掛けは、比較的リーズナブルに手に入れることもできます。電気毛布は2000円付近、電気ひざ掛けは1000円付近から商品がありますので、コスト面でもメリットを得ることができるでしょう。予算に合わせて使い勝手の良いものを選んでみてくださいね。電気毛布には、敷くタイプのものと、掛敷両方のタイプなどの種類もあります。そのほか節電タイプなどもありますので、選ぶ時には商品のタイプも参考にしてみましょう。

活用時には注意点も忘れずに

どちらも体に接触して活用するため、寝ている時も含めて低温やけどや脱水による体調不良などには注意しましょう。また普通の毛布やひざ掛けと比べるとデリケートな面がありますので、電熱線がよれないように注意して、体に巻きつけたり、重いものを乗せたり、たたんだまま使用したりしないことなどの注意点にも気を付けることが大切です。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ