おすすめの電力会社ランキング98社比較

スマホ・タブレット充電の電気代は1回あたりどのくらい?

スマホ

今や生活必需品ともいえるスマホやタブレット。その充電には1回あたりどのくらいの電気代がかかるか知ってる?ここではスマホやタブレットの充電に必要な電気代を紹介していくよ!

これが結論!

スマホの充電は1回あたり0.2円前後タブレットも高くて1円前後。バッテリー容量が非常に大きいものなら別ですが、基本的にスマホやタブレットの充電に電気代はほとんどかかりません。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

スマホの充電は1回0.2円前後

ともすけさん。スマホってほぼ毎日充電するじゃないですか?それで気になったんすけど、1回の充電でどのくらい電気代かかってるんすかね?

それ、僕も気になったから調べてみたんだ。で、iPhoneの場合は下のような結果が出たんだ。

1回の充電にかかる電気代

  • iPhone7:約0.2円
  • iPhone8:約0.188円
  • iPhone X:約0.28円
  • iPhone XS:約0.27円

※電気代は1kWhあたり27円で計算

だいたい0.2~0.3円ってとこっすかね。1日1回の充電なら年間でも73~110円くらいっすか。そこまで気にしなくてよさそうっすね。

スマホの種類によっては0.4円くらいになるかもだけど、極端に気になる必要は無さそうだね。ただ、毎日2回も3回も充電するって人は節電アプリを入れてみるのもありだと思うよ。

ちなみに、これってフル充電する場合っすか?

そうだね。基本的に0%から100%まで充電した場合の電気代を想定してるよ。つまり、まだ容量が残った状態で充電するなら上記より電気代が安くなるはずだよ!

ところで、Androidのスマホも同じくらいっすか?

Android端末はiPhoneに比べて種類が多いから例外はあると思うけど、基本はAndroidも同じくらいみたいだよ。

電力診断バナー

タブレットの充電は1回0.5~1円前後

あ、それじゃあタブレットはどのくらいっすか?スマホだけじゃなくタブレットもよく使うんで気になるっす!

タブレットは僕の調べた感じだと下のようになるよ。

1回の充電にかかる電気代

  • iPad mini4:約0.52円
  • iPad Pro(12.9インチ):約1.1円

※電気代は1kWhあたり27円で計算

さすがにスマホよりは高いっすね。とはいっても、iPad Proみたいな大型タブレットでも1回1円くらいで平気なんすか。

スマホより充電に電気代がかかるのはバッテリー容量が大きいからだね。iPad Proだと毎日の充電で年間電気代が約402円になるから安いとは言えないけど、1回の充電で数時間は使えるし、パソコンよりはコスパがいいんじゃないかな。

スマホやタブレットの充電ってかなり電気代が安いんすねぇ。

そうだね。サイズやスペック次第だけどAndroid端末もそんなに変わらないはずだよ。

電力診断バナー

バッテリー容量から電気代を計算する方法

ところで気になったんすけど。どうやってバッテリー充電の電気代って計算してるんすか?

あぁ、それはね。下記の方法で計算できるんだよ。

充電に必要な電気代を計算する式

  • ボルト(V)×アンペア(Ah)=ワット(Wh)
  • ワット(Wh)÷1000×1kWhの電気代=電気代

分かったような分からないような。

ちょっと分かりにくいよね。たとえば、さっき紹介したiPhone8のバッテリースペックは3.82Vの1,821mAhなんだ。この場合、計算式は「3.82V×1,821mAh=6,956.22mWh」になるんだ。

ふむふむっす。

で、6,956.22mWhをWhに直すと6.95622Whになるわけだけど、ここは分かりやすいように6.96Whとしておくね。ワット数が分かったら後は普通の電気代を計算する式と同じ。1kWhの電気代を27円とした場合「6.96Wh÷1000×27円=0.18792円」でiPhone8を1回充電するのに必要な電気代は0.18792円って分かるんだ。

かなり細かい数字が出るんすね!

これを四捨五入すると、さっき紹介した0.188円になるってこと。バッテリーの詳細なスペックはネットで調べると出てくることもあるから、自分の使ってるスマホやタブレットのものを計算してみるのも面白いかもしれないね。

オール電化住宅なら夜間の充電がおすすめ

スマホの充電は1回あたり0.2円前後。タブレットにしても1円かかるかどうかの安さなんだ。だから、そこまで気にする必要はないんだけど、もしオール電化住宅で夜間の電気代が安いプランを契約してるなら、充電は寝てる間にするといいんじゃないかな。少しではあるけど電気代を節約できるよ!