1. 驚愕!古い家電を使うだけでこんなに電気代が高くなる!新しい家電と比較

驚愕!古い家電を使うだけでこんなに電気代が高くなる!新しい家電と比較

掃除機

昔から物を大切に、と教えらえてきたので、日本人は古いものを使うのが当たり前になっています。しかし、家電については、この考え方を見直した方がいいかもしれません。というのも、新しい家電と古い家電の電気代を比較すると、とんでもないことになるんです。

古い家電は電気代が高い?

古い家電の電気代が高いというよりは、新しい家電の電気代が安いと言ったほうが正しいかもしれません。パソコンなどのデジタル製品や、冷蔵庫やエアコンといった家電は登場してから現在まで目まぐるしい速度で進化を続けており、電気代部分にも力を入れてきました。そのため、数年前の家電と現在の最新家電では電気代に数倍の差がつくことも。実際にどんな家電がどのくらい安くなるのか、それを今から見ていきましょう。

スポンサーリンク

冷蔵庫は3分の1に!

冷蔵庫は数ある家電の中でも、新しいものとの差が顕著に出ます。もちろん、機種によって異なりますが、10年ほど前の冷蔵庫と比べると電気代が3分の1以下になることも。たとえば、一般家庭で使われる500リットル程度の冷蔵庫を基準に考えてみると、10年前は年間で1万7千円、場合によっては2万円に近い金額の電気代がかかっていました。

これに対して現在の最新冷蔵庫の年間電気代は5千円前後と言われており、その差は歴然。新しい冷蔵庫に買い替えれば年間で1万円以上の節電が可能となるのです。冷蔵庫は買い替えのタイミングが難しく、10年くらい当たり前に使っている家庭も多いでしょう。そんな方は故障などのリスクも考え、このあたりで買い替えておくことをおすすめします。それに、最新の冷蔵庫は食品が入れやすいように工夫されていたり、真空チルドがついていたり、より生活を快適にしてくれるでしょう。10万円の冷蔵庫を購入しても、10年もすれば電気代だけで元がとれます。

参考:冷蔵庫の節電で電気代節約 記事一覧

洗濯機は2分の1に!

冷蔵庫ほどの節電効果はないものの、洗濯機も買い替えで十分すぎる節電効果を発揮します。具体的な数値にしてみると、10年近く前の洗濯機は年間電気代が1万4千円程度だったのに対して、最新のものなら7千円程度におさえられます。こちらも機種によって金額差は異なりますが、おおよそ5千円は年間電気代を節約できると考えて大丈夫でしょう。また、電気代だけでなく水道代も同時に抑えられる機種も存在。ドラム型や縦型など、様々なタイプの洗濯機があります。そんな洗濯機の寿命は約8年と言われているので、自分の使っている洗濯機が何年物かチェックして、8年を超えているようなら電気代のことも含めて新機種への交換を検討しましょう。

参考:洗濯機の節電で電気代節約 記事一覧

エアコンでも節電!

夏場や冬場の電気代を跳ね上げるモンスター家電、エアコンも新しくすることで節電になります。ただ、冷蔵庫などと比べると節電効果は薄めで、10年ほど前のエアコンと比較すると年間で3千円程度の節約になるようです。節電効果の薄い理由としては、エアコンは早くから省エネ化が進んでいたため。2001年には既に1000kWh以下でした。ただ、それ以前だと話は変わってきて、1995年くらいまでさかのぼると1500kWhなんていう、とんでもないエアコンも登場します。そのため、20年ほど前のエアコンを使っている家庭であれば、今すぐにでも買い替えるべきでしょう。おそらく電気代を半分程度まで抑えられます。

参考:エアコンの節電で電気代節約 記事一覧

テレビも比較!

各家庭に1台はあるテレビの電気代も比較してみましょう。32型の液晶テレビを基準として、2007年のものと比較してみると、電気消費量は年間156kWhから59kWhまで抑えられており、これは62%もの節電になる計算。2007年と言えば10年近く前なので、そろそろ買い替えもありでしょう。また、プラズマテレビは電気消費量が液晶テレビと比べて多め。気になる方は自分の家にあるテレビの電気消費量を確かめてみてください。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ