おすすめの電力会社ランキング98社比較

カーボンヒーターの電気代は1時間でどのくらい?エアコンより高い?

カーボンヒーター

遠赤外線ヒーターの中でも人気が高いカーボンヒーター。スイッチを入れてすぐに暖かくなるから冬場は本当に重宝するよね。

そんなカーボンヒーターにかかる電気代って知ってる?ここでは、カーボンヒーターの電気代について紹介するよ!

これが結論!

カーボンヒーターの電気代は1時間あたり強運転で約21.6円、弱運転で約10.8円。エアコンよりは基本的に電気代が高い。

7月限定!高額キャッシュバック!

最大3万円キャッシュバック

夏本番に向け電気料金は右肩上がり…そんな7月は電力会社を切り替えるメリットが大きいって知っていましたか?

電気料金が高くなってくるこの時期、電力会社の切り替えを検討する人も増えてきます。各電力会社は、新しい顧客を獲得しようとあの手この手でアピール。高額キャッシュバックもそのひとつなんです!

最大で30,000円のキャッシュバックも7月だけの大チャンス。電力会社を切り替えて月々の電気代が安くなるだけでなく、実質、数か月分の電気料金が0円になるのですからかなりお得!

少しでも電気代を安くしたいという人は、ぜひ「無料で各社の電気料金プランを比較」してどれだけ得できるか確認してみることをおすすめします!

カーボンヒーターの電気代は1時間10~22円前後

カーボンヒーターってスイッチを入れた時に真っ赤になるのがいいよね。いかにも暖まってます!って感じで。

ちゃんと見た目通りの暖かさがあるのも素敵よね。ただ、電気代のことを考えるとあんまり気軽に使えないかもしれないわ…。

カーボンヒーターの消費電力と電気代

  • 強運転(800W):約21.6円/1時間
  • 弱運転(400W):約10.8円/1時間

※1kWhあたり27円で計算

そんなに消費電力高い暖房器具だったのかぁ。

中には最大で600Wの機種もあれば、900Wや1200Wの機種もあるから上記の数字が絶対に当てはまるとは限らないけど、それなりに電気代がかかる暖房器具って考えておくのが妥当ね。

消費電力がもうちょっと低い機種もあるのか!

ただ、消費電力が低いってことはパワーも弱いって可能性があるわ。

あー。せっかく買っても暖まりが悪かったイマイチだよねぇ。

スポンサーリンク

自宅にあるカーボンヒーターの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

エアコンと比較!電気代が高いのはカーボンヒーター

ところで、カーボンヒーターとエアコンってどっちの方が省エネなの?

そうね。例えばシャープの6畳用(鉄筋洋室目安)エアコンの暖房消費電力は470Wになってるわ。これを1時間あたりの電気代にすると約12.7円ね。カーボンヒーターの電気代と比較したのが以下の表よ。

種類1時間1日
(8時間)
1ヶ月
(30日)
カーボン
ヒーター
強21.6円
弱10.8円
強172.8円
弱86.4円
強5,184円
弱2,592円
エアコン12.7円101.6円3,048円

※1ヶ月の電気代は1日8時間使用を想定

えっと…弱運転ならカーボンヒーターの方が安いってこと?

一応はそうなるけど、エアコンって部屋の温度が安定すると消費電力が落ちる暖房器具なのよ。だから、つけてから1時間、2時間後はもっと電気代が安くなるかもしれないわ。

でも、それはカーボンヒーターも同じじゃ?

カーボンヒーターはエアコンと違って、設定したW数で放熱するのよ。だから、つけ始めはエアコンの方が電力を使うかもしれないけど、時間が経った後は逆転すると思うわ。

そうなのかぁ…。

それに、カーボンヒーターはエアコンのように部屋全体を暖める力は低いの。だから、カーボンヒーターだけで部屋を暖めようと思えば、おそらくエアコンより多くの電力を消費することになるわ。

ハロゲンよりはカーボンヒーター!

カーボンヒーターってハロゲンヒーターと似てるよね。この2つって電気代は同じくらい?

いえ。基本的にハロゲンヒーターの方が高いと思っていいわ。

え?そうなの?

ハロゲンヒーターは1000Wクラスの消費電力が普通だし、カーボンヒーターの半分程度しか遠赤外線放出量がないのよ。

えっと、つまり…?

ハロゲンヒーターは熱効率が悪め。カーボンヒーターに比べて暖まりが悪いし、本当に近くしか暖められないってこと。対して、カーボンヒーターは少し離れたところでも暖かいし、遠赤外線放出量が多いから熱効率が良い。つまりは電気代が安く済む傾向にあるの

じゃあ、これから買うならハロゲンヒーターよりカーボンヒーターの方がいいんだ!

そういうことね。言ってしまえばカーボンヒーターはハロゲンヒーターの上位互換だし、普及につれてハロゲンヒーターの出荷数は少なくなってるそうよ。

ポイント

カーボンヒーターはハロゲンヒーターの2倍の熱効率。これから買うなら電気代的にも暖まりの良さ的にもカーボンヒーターがおすすめ。

カーボンヒーターを上手に使って節約しよう!

カーボンヒーターはエアコンみたいに部屋全体を暖めるのは難しいし、電気代も高いのかぁ。もしかしてイマイチな暖房器具?

そんなことないわよ!さっきも言ったけどハロゲンヒーターの2倍の遠赤外線量を持つから熱効率がいいし、すぐに近くを暖めてくれるからピンポイント的な使い方では大活躍するのよ。

たとえば?

部屋に一人で全体を暖める必要が無いときとか。弱運転で足元を暖めておけば、それだけでも快適なはずよ。

ピッカリーンンンンン!!!外出の少し前とかも良さそう!もうすぐ家を空けるのに部屋全体を暖めるのってもったいないし!

それもいいわね。要はカーボンヒーターも使い方次第なのよ。エアコンで部屋が暖まるまで併用したり、みんなも賢い使い方で節電してみてね!

カーボンヒーターの節約術

  • 弱運転で目の前に置いて自分だけ暖める
  • 外出の前などエアコンの代わりに使う
  • エアコンで部屋が暖まるまで併用する

よ~し、僕もカーボンヒーターを上手に活用して電気代を節約していくぞぉ!