1. 食費で節約するなら外食と自炊の差は?自炊の節約効果を高める裏ワザ

食費で節約するなら外食と自炊の差は?自炊の節約効果を高める裏ワザ

一人暮らし

毎日の食費はまとめると結構な費用になることも。自炊が勧められることがありますが、実際のところ外食と比べるとどのように違うのか、気になることもあるのではないでしょうか? 今回は外食と自炊の比較と合わせて、節約につなげるための自炊の裏ワザを探ってみました。

外食と自炊、どっちが安いの?

一人暮らしの時など自由に食事の仕方を選べる際には、外食と自炊でどちらにしようか悩むこともあるのではないでしょうか。自炊の場合は、金額にすると1週間で3,000円代に収められることがあります。自分で食材を買って作ると、1食100円~300円程度で作ることができ、上手に作れば100円以下にできることもありますので、工夫次第でより節約につなげることができるでしょう。

外食の場合には何を選ぶかによって費用にも幅が出てきますが、例えば、朝食に300円のモーニング、昼食に500円のランチ、夕食に1,500円のセットなどを食べた場合には、1日2,300円かかることになりますね。1週間の食費にしてみると1万円を超えてしまうことはよく挙げられています。

スポンサーリンク

中食というスタイル

外食と自炊の中間として、中食というスタイルがありますが、これは既に作られた状態で売られている惣菜や弁当などを買って帰って食べる方法になります。この場合も選び方次第で費用は変わってくるでしょう。例えば、ご飯100円、サラダ200円、惣菜200円、味噌汁15円、というチョイスの場合には1食515円になりますね。1週間で考えてみると外食よりは少し抑えることができますが、やはり1万円を超えてしまう場合があります。

自炊のデメリットと健康

具体的な金額で比較してみると、自炊の方が安く済ませられることがうかがえますが、自炊にもデメリットはあります。1人暮らしの場合などで少ない人数分の食事を作る時には、食材の買い方が難しいこともあるでしょう。小分けになっているものはコストが割高になることもありますし、たくさん買っても食べきれずに腐ってしまうとお金も無駄になってしまいます。また外食の場合には温かいものがそのまま出てきますが、自炊や中食の場合には料理や温めに使う光熱費もかかってくるでしょう。

とはいえ、例えば100円のパンを毎食1個ずつ食べるなどして1日300円で済ませられたとしても、今度は栄養面の不安が出てきます。食費を抑えても体調不良で病院に行くようなことになると別のお金がかかってしまいますね。自炊の良いところは、節約だけでなく健康を意識できるところにもあります。自分の体に合わせた食事を作ることができれば、得られるメリットは大きいでしょう。

自炊で節約効果を高める裏ワザやコツ

まずは、食べきれる分量を上手に安く買う練習をしましょう。お肉など、たくさん入っている方が安い、というような時には、まとめて買ってから家で冷凍保存しておく方法もあります。冷凍しておけば、数日に分けて使うことができるでしょう。とはいえ、冷凍しても消費期限はありますので、安全に食べきれる分量を買うことは大切です。冷凍保存する際には、使う時のことを考えてストックすることがポイント。ご飯をお茶碗一膳分ずつ冷凍するように、お肉なども塊のまま冷凍せず使いやすい分量に分割して冷凍すると料理しやすくなるでしょう。

また、毎回料理をすると時間と光熱費もかかるため、日持ちのできるレシピを活用してまとめて作って効率よく食べるのもコツです。食べる時に味付けなどをアレンジできるようにしておいたり、野菜などは味付けなしで茹でたり炒めたりした状態で冷凍保存しておき、簡単な料理に使えるようにしておいたりすると飽きずに食事を楽しめるでしょう。難しい時にはご飯を自分で炊くところから始めて、中食も交えながら徐々に自炊に挑戦してみてくださいね。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ