おすすめの電力会社ランキング98社比較

ウォーターサーバーの電気代はどのくらい?節約する方法はある?

省エネ

いつでもおいしい水やお湯を使えるウォーターサーバー。最近は会社のオフィスだけじゃなく、一般家庭で導入するケースも増えてきたよね。

ここでは、そんなウォーターサーバーにかかる電気代や、電気代を節約する方法を紹介するよ!

これが結論!

ウォーターサーバーの電気代は1ヶ月あたり500~1,000円ほど。エコモードの活用や設置場所の工夫(直射日光を避ける、狭い場所へは設置しないなど)などが電気代の節約に繋がります。なお、雑菌繁殖などの恐れがあるため電源を抜くのはやめておきましょう。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

ウォーターサーバーの電気代は月500~1,000円ほど

ウォーターサーバーって(ゴクゴクゴク…)いつでも(ゴクゴクゴク…)美味しい水を飲めるから(ゴクゴクゴク…)いいですよねぇ。ぷはー!!

お前、飲むか話すかどっちかにした方がいいぞ。まぁ、確かに便利じゃよな。ウォーターサーバー。お湯も出るから簡単にカップ麺とかスープを作れるし、今や会社のオフィスにも一般家庭にも1台は必須って感じじゃ。

で、気になったんですけど。このウォーターサーバーって一体どのくらいの電気代がかかってるんですか?

ふむ。ウォーターサーバーと一口に言っても様々な種類があるから一概には言えんのじゃが、消費電力が少ないタイプなら1ヶ月に500円ほど、消費電力が多めのタイプなら1ヶ月に1,000円ほどと言われておるんじゃ。

ウォーターサーバーの電気代目安

  • 消費電力が少なめのタイプ:月500円前後
  • 消費電力が多めのタイプ:月1,000円前後

同じウォーターサーバーでもそんなに違いがあるんですかぁ。

内部で熱湯を循環させて汚れや雑菌を除去してる、オートクリーン機能などが付いた機種は消費電力が多めのようじゃな。年間にすると6,000~12,000円ほど。けっこう馬鹿に出来ない金額じゃ。

そこに水の代金もプラスされますからねぇ…何とか電気代の節約って出来ないんですか?

最近はエコモード搭載のウォーターサーバーなどが登場しているようじゃな。今回はウォーターサーバーの節電方法も紹介していくぞ!

電力診断バナー

自宅にあるウォーターサーバーの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

電力診断バナー

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法

ここからはウォーターサーバーの電気代を節約する方法を紹介じゃ!

省エネタイプを選ぶ

最近は従来品に比べて省エネをプッシュするウォーターサーバーがちらほらあるようじゃ。そういった種類は公式ホームページなどで具体的な電気代を公表してたりするから、チェックしてみるといいぞ。

省エネ!いい響きですね!

中には従来品に比べて30%も節電に成功したような種類もあるんじゃ。今使っているウォーターサーバーと比べて電気代が大きく違うようなら切り替えもありじゃな!

エコモード搭載の種類を選ぶ

ウォーターサーバーの中にはエコモードなど電気代の節約に繋がるモードを搭載した種類もあるんじゃ。

エコモードって何が違うんですか?

種類によるようじゃが、たとえば部屋が暗くなった時に温水タンクの電源を自動でオフにしてくれたり、お湯の温度を低めに設定してくれたりするようじゃ。

ウォーターサーバーも進化してるんですねぇ。

例えばプレミアムウォーター(プレミアムウォーター株式会社)の「スリムサーバーⅢ」という機種は通常だと月に770円ほど電気代がかかるところ、エコモードなら620円程度まで下がるらしいぞ!

年間で約1,800円差ですか!大きいですね!

直射日光や狭い場所を避けて設置する

ウォーターサーバーは直射日光の当たらない場所に設置するのが基本じゃな。

直射日光に弱いんですか?

いやいや、直射日光による熱がよくないんじゃよ。直射日光が当たると、それだけサーバーの中の気温が上がりやすくなるじゃろ?つまり、冷却するのに余計な電力を消費する可能性があるんじゃ。

な~るほど。

直射日光が当たるとサーバーの中で雑菌が増えやすくなるってデメリットもあるしの。同じ理屈で暑すぎる場所や寒すぎる場所への設置も避けた方がいいんじゃ。

人間と同じで適温が最適なんですか。

そういうことじゃ。あとは壁にぴったり設置したり、極端に狭い場所への設置も避けた方がいいぞ。適度なスペースが無いと放熱が上手く出来ないからの。

温度設定を見直す

温度設定が出来るタイプのウォーターサーバーなら、設定を見直すことで節電に繋がることもあるんじゃ。種類によっては、さっき紹介した「エコモード=お湯の温度低下」というケースもあるようじゃがな。

でも、お湯をぬるくしたら使いにくくないですか?

そうじゃな。じゃから自分の用途に応じてってところじゃ。そんなに熱いお湯が必要なければぬるめの設定に、カップラーメンやスープを頻繁に作るなら熱めの設定に。とかな。

適材適所ですね!

…そ、それは、意味がちょっと違わないか?

電源を抜くのはNG!

っていうか、寝る前とかはウォーターサーバーの電源を抜いちゃえばいいんじゃないですか?

それはダメじゃ!電源を抜いてしまうとクリーン機能などが停止して中に雑菌が繁殖する恐れがあるんじゃ。ウォーターサーバーの電源は入れたまま、が基本なんじゃよ。

そっかぁ…いい考えだと思ったんですけど。

それに、電源を抜いたらお湯が冷めちゃうじゃろ?つまり、電源を入れた時にまた常温から沸かす必要があるから、結果として電気代が高くなる可能性も少なくないぞ。

踏んだり蹴ったりですね。

ただ、2週間以上、留守にする時とかは電源を抜いてもいいと言われておるようじゃ。このあたりは種類によって違うようじゃから、説明書をしっかり読むんじゃよ!

ウォーターサーバーも節電しよう!

ウォーターサーバーもいろいろと節電方法があるんだね。電気代を少しでも節約するために、ウォーターサーバーを使ってる人は試してみたらどうかな?

1日あたりの電気代はそう変わらなくても、1ヶ月、1年、5年…と経過すれば、かなりの差になることもあるはずだよ!