1. 家庭でできる冬の節電方法まとめ!意外と電気代が高い冬に知っておこう

家庭でできる冬の節電方法まとめ!意外と電気代が高い冬に知っておこう

ホットドリンク

冬の電気代を見てびっくりしてしまう時もあるのではないでしょうか。意外と電気代が高い冬には、節電方法を工夫しながら取り組んでいくことがポイントです。ちょっとしたことから始められる工夫もありますので、少しでも節約して家計のやりくりに役立てましょう。

どうして冬は電気代が高いの?

冬の電気代の大きな源である暖房費には、ある程度のお金がかかることがあります。季節で比較してみると、同じようにエアコンを活用しているはずの夏よりも高くなってしまうことが。これには、外との気温差が夏よりも大きくなることなどが関係しています。外の気温と室内の設定温度の差が大きいと、エアコンを使って適正温度にするのにも、その分エネルギーが必要になるでしょう。

また、夏は太陽が出ていて明るい時間が長いのに対して、冬場は日中の明るい時間が短いため、照明にかかる電気代の割合も増えることがあります。そして、細かい部分では洗濯物の環境の違いも。冬は重ね着などにより着る物が増え、洗濯物も乾きづらいことがあるでしょう。乾燥機などを活用することでさらに電力が消費されてしまうことも関係する事柄です。

冬の節電方法が知りたい!寒い季節を乗り切るための節電方法について

スポンサーリンク

気になるエアコンの節電方法

エアコンで部屋をあたためる時に、弱いモードでだらだら運転をするのは逆効果になることがありますので、自動運転でスムーズに室内温度を適正に整えましょう。サーキュレーターなどで空気の循環を促すと、よりスムーズに部屋全体があたたまりやすくなります。節電のためには、設定温度は低めがポイント。そのほか、フィルター掃除もアドバイスの一つです。月に1~2回の掃除を心がけておけば、年末の大掃除の時にも楽になりますね。室外機周りも忘れずに確認して、雪対策なども必要があれば行いましょう。

エアコン暖房の節電するなら設定温度は何度?最適な温度と節約効果

暖房器具を使い分けよう

エアコンだけに頼らず、そのほかの暖房器具を併用することで節電につなげられることがあります。消費電力の低さでメリットが期待できるこたつのほか、部分的にあたためるのに役立つ電気ストーブや電気カーペットなども参考にしてみましょう。電気であたためるタイプではない、石油ストーブなども節電に役立つアイテムです。いずれの器具も必要以上に電気を使うことのないように、設定温度を調節して活用していきましょう。

暖房器具を正しく使い分けて節電しよう!おすすめの場所や特徴・選び方

見落としがちなアイテムの節電方法

冬場は暖房の節約に主に注目してしまう時がありますが、そのほかの電化製品の節電にも視野を広げてみましょう。冬は気温が低いので、冷蔵庫にとっては節電しやすい環境でもあります。余分に冷やすことを避けて、設定温度は弱めの設定がおすすめ。夏と切り替えて環境設定を心がけておくと良いですね。

また、ウォシュレットの便座暖房なども節電ができる箇所です。設定温度を低めに設定して、熱が逃げないように、フタを閉めるなどの工夫をしてみましょう。そのほか、電気に頼らず、便座カバーを付ける、というのも方法の一つです。

加えて、冬場に活躍してくれる照明器具も忘れずにチェック。無駄な明かりはこまめに消して、節電につなげていきましょう。部屋の中で活動場所をまとめて、あたたかく明るい部屋を用意すれば、暖房と照明ともに効率よく活用することができるでしょう。

熱を逃がさない工夫

節電のためには、せっかくあたためた部屋の熱を逃がさないこともポイントです。窓に断熱シートを貼ったり、冬用のカーテンなどを使用したりして工夫してみましょう。また、熱は床からも逃げてしまいますが、床にも断熱シートを貼ることができ、冬用のじゅうたんなどもありますので、アイテム選びを工夫してみると良いですね。熱を逃がさない工夫は冬のファッションにも。重ね着のポイントをおさえて、体感温度を上げることも参考にしてみましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ