1. 楽天カードで電気代を支払うメリット・デメリット

楽天カードで電気代を支払うメリット・デメリット

クレジットカード

楽天カードマンで有名な楽天カード。作るだけでポイントがたくさん貰えることもある、太っ腹なカードだよね!そんな楽天カードで電気代を支払うことによるメリットやデメリットを紹介していくよ!

これが結論!

楽天カードで電気代を支払うと1%がポイント還元される!(100円で1ポイント貯まる)。さらに使い方次第ではダイヤモンド会員を目指せますが、代わりに口座振替割引が受けられなくなり、さらに利用限度を圧迫することにもなります。

楽天カードで支払うメリット

部長!見てくださいよ、この銀色のカード!かっこいいでしょ!

おぉ!それは楽天カードじゃな。わしも持っておるぞ。電気料金やガス代の支払いに使っておるんじゃ。

電気料金にですか。僕、今はコンビニ払いなんですけど、楽天カード払いにした方がいいですかね?

ふむ。特に抵抗が無ければ楽天カード払いにした方がお得じゃないかのう。よし、今回は楽天カードで電気料金を支払う時のメリットとデメリットを紹介するか!

電気料金の1%がポイント還元される

何といっても大きいのは料金に対して1%もポイントが還元(100円で1ポイント)されることじゃ。

1%かぁ…。

そもそもクレジットカードのポイント還元率は平均で0.5%と言われておるからな。1%は十分に高いぞ。

そ、そうなのか。

月々の電気料金が15,000円だった場合、毎月150円分もポイントが貯まるわけじゃしな。年間なら1,800円分のポイント、と考えると1%も馬鹿にできんじゃろ。

た、確かに!

基本的にポイント還元等が無いコンビニ払いと比べたら雲泥の差じゃ。ちなみに、「楽天でんき」を使用しているなら貯まったポイントを支払いにあてることも出来るんじゃぞ。

ダイヤモンド会員を狙える

楽天カードには会員制度があるんじゃ。「シルバー」→「ゴールド」→「プラチナ」→「ダイヤモンド」と、条件を満たすごとにランクアップする仕組みじゃ。

へぇ~。

最高ランクのダイヤモンドには様々なメリットがあるものの、ダイヤモンド会員になるには楽天カードを所持したうえで、過去6か月に4000ポイントを取得かつ、30回のポイント獲得といった条件が必要なんじゃ。

ダイヤモンド会員になる条件

  • 過去6か月に4,000ポイント以上獲得
  • 過去6か月に30回以上のポイント獲得
  • 楽天カードを所持

あ!電気料金の支払いで貯まるポイントがダイヤモンド会員になるサポートをしてくれるってわけですか!

そうじゃ。さすがに電気料金だけの支払いでは厳しいと思うが、買い物などを含めれば十分に達成できる可能性はあるぞ。いっそガス代や電話代などの料金を楽天カードにまとめてしまうのもありじゃな。

ところで、ダイヤモンド会員のメリットって何なんですか?

ふむ。ダイヤモンド会員のメリットは以下のようになっておるぞ。

ダイヤモンド会員のメリット

  • お誕生月に700ポイント
  • 優待セールなどへの特別招待
  • 楽天グループのクーポンを毎月ご用意
  • 1年キープの月に豪華特典を用意

クレジットカードヒストリーを磨ける

これは楽天カードに限った話ではないが、電気料金の支払いをクレジットカードにすることでクレジットカードヒストリーが磨けるぞ。

くれじっとかーどひすとりぃ?

簡単に言うとクレジットカードの利用履歴のことで、新しいクレジットカードを作る際などに関係してくると言われておる。そんなクレジットカードヒストリーは毎月のカード利用だけで良くなるとされておるんじゃよ!

なるほど。電気料金の支払いなら確実に毎月ですもんね。

スポンサーリンク

楽天カードで支払うデメリット

電気料金を楽天カードで支払うことによるデメリットも紹介するぞ。

口座振替割引が受けられない

一部の大手電力会社などは支払い方法を口座振替にすることで電気料金を割り引くシステムを採用しているんじゃ。

そんなのあったのか!

有名どころだとTEPCO(東京電力エナジーパートナー)や関西電力などじゃな。これらの会社は口座振替にするだけで月に54円も電気料金を割り引いてくれるんじゃ。

月54円ってことは、年間で648円か。けっこう大きいですね。

楽天カード払い、つまりはクレジットカード払いだと当然ながら口座振替割引は受けられん。これがひとつのデメリットじゃな。ちなみに、楽天カードのポイント還元率は1%(100円で1ポイント)じゃから、電気料金が月5,500円以上なら楽天カードの方がお得じゃな。

ポイント

月の電気料金が5,500円以上なら
「口座振替割引<楽天カードのポイント還元」

利用限度額が少なくなる

ご存知の通りクレジットカードには利用限度額がある。電気料金を楽天カードで支払う分だけ、その利用限度額を圧迫することになるのう。

利用限度額ですか。あまり気にしたことないかも。

たとえば、利用限度額が10万円だとして、電気料金がやや多めの2万円だった場合、残りは8万円になってしまうわけじゃ。もし、ガス代なども楽天カードで支払うなら、さらに圧迫されることになるのう。

大きな買い物の予定があると困りますね…。

スポンサーリンク

楽天カードで電気代を支払う方法

楽天カード払い、なかなか良さそうだなぁ。ところで、どうやって電気料金の支払いを楽天カードに切り替えるんですか?

ふむ。下記5つの会社については「楽天e-NAVI」から簡単に申し込めるぞ。

楽天e-NAVIから申し込み可能な会社

  • 北陸電力
  • TEPCO(東京電力エナジーパートナー)
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

それ以外の会社の場合は各社のサイトより申し込む必要があるようじゃ。

へぇ~。で、楽天e-NAVIってなんですか?

楽天e-NAVIは楽天カード会員用のオンラインサービスじゃな。登録しておくとご利用明細の確認やリボ払いへの変更なども出来るぞ。

楽天カード

「楽天でんき」なら楽天カードでもっとお得に!

さっき部長も言ってたけど、楽天カードでもっと得したいって人は、電力会社を「楽天でんき(楽天エナジー)」に切り替えてみたら?「楽天でんき」はなんと基本料金0円、電気の単価も一律で、電気料金がわかりやすいし、何より電気代も安いんだ。

電気料金200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるうえ、電気料金の支払いを楽天カードにしておくと、100円ごとにさらに1ポイント貯まるんだ。電気代が安くなる+ポイントがダブルで貯まるから、かなり得できるはず!契約手数料&解約金も0円だから、ぜひぜひ検討してみてね!

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ