1. 熱帯魚などペットの水槽の電気を節約するコツ!どれくらい電気代がかかる?

熱帯魚などペットの水槽の電気を節約するコツ!どれくらい電気代がかかる?

熱帯魚

「ペット禁止」とルールづけされている住宅でも、熱帯魚や金魚などを水槽で飼うことは禁じられていません。中には爬虫類などを飼いたとお考えの方もいるかもしれませんね。日々の生活の癒しとして生き物を飼育するのはいいのですが、気になるのが水槽の維持にかかる電気代ではないでしょうか?そこで、ペットを飼育する水槽の電気代がどれくらい必要なのか、とそれらの電気代を節約する方法についてまとめました。

水槽の維持にかかる電気代ってどれくらい?

熱帯魚を飼う際には、特に水温管理が重要となります。水質を一定に保つためにもろ過装置をつけたり、照明器具と付けたりする方もいらっしゃることでしょう。水槽の維持に必要な電気代は水槽の大きさや材質・設置する器具・場所・飼育する生物などによって変わってきます。

サイレントフィッシュ300

幅約31.5cmx奥行約16cmx高さ約24cmで、水が約10L入るガラス水槽です。ろ過フィルター・フタ・カルキぬき・水質調整剤がセットになっており、定価4,000円(税別)と、金魚を2~3匹飼育するのにちょうど良いサイズの水槽です。

  • 低格消費電力:2.6W(50Hz)  2.1W(60Hz)
  • 電気代(1日あたり):約1.6円(50Hz)  約1.3円(60Hz)

マリーナ600LEDセット

幅約60cmx奥行約30cmx高さ約36cmで、水が約57L入るガラス水槽です。上部式フィルター・LEDライト・ガラス製フタ・カルキぬき・水質調整剤がセットになっており、オープン価格で販売されています。金魚なら10匹前後、大型魚でも3~4匹は飼育できるサイズの水槽です。

  • 低格消費電力(LED):9W
  • 消費電力(上部式フィルター):4W(50Hz)  6W(60Hz)
  • 電気代(1日あたり):約8.4円(50Hz)  約9.7円(60Hz)

上記で紹介したデータはあくまでも「参考」であり、飼育される生物や水槽の環境などによって変わることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

水槽の電気代を節約するにはどうすればいいの?

水槽の維持にかかる電気代を節約するには、いくつかの方法がありますのでご紹介します。

省電力のライト・フィルターを使う

ライトやフィルターは水槽とセットになっている場合もありますが、LEDのものや省電力タイプのフィルターに交換することで消費電力を抑えることができます。

水槽を断熱する

水槽の正面は観賞用に見えやすくしておく必要がありますが、それ以外の3面(両サイド・奥)に関しては断熱材で覆ってしまうことがおすすめです。断熱に使用するのは発泡スチロールやエアキャップ・アウトドア用の銀マットなどがおすすめです。特にエアキャップや銀マットは加工がしやすく水槽の断熱に向いています。

断熱で忘れがちなのが上面のガラス蓋です。家に例えると屋根にあたる部分となり、きちんと断熱しておくと効果が違ってきます。

水槽の置き場所を変える

水槽の置く場所によっても、消費電力が変わってきます。玄関や廊下などは外気が出入りするため、気温が室内よりも下がってしまいますので熱帯魚要の水槽の水温をキープするためにはかなり電力が必要となります。そこで、水槽を「人のいる部屋」に移しましょう。エアコンや暖房器具の使用で、室温自体が高くなりますので水槽の温度維持が省エネでおこなえるようになります。

部屋の断熱性を高める

水槽を設置する部屋自体の断熱性を高めておくことも、水槽の節電には有効です。隙間風などが入らないように、密閉性を高めておきましょう。

タイマーを使う

夏場など、日中に関してはヒーターがなくても水温が維持できるような状況にある場合は、ヒーターにタイマーをセットして日中は電源を切るようにすることもおすすめです。また、熱帯魚などを観賞するためのライトも日中は不要であれば電源を切っておくのもいいでしょう。

商品にもよりますが、1日1回のオン・オフ設定ができるもの、1日2回の設定ができるものがありますので、使用用途に応じて使い分けましょう。熱帯魚と一緒に育てる水草は1日10時間程度の灯りがあれば生育しますので、灯りのない時間があっても問題はありません。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ