1. 電気ストーブを節電したい!節電におすすめなストーブの選び方と節電方法

電気ストーブを節電したい!節電におすすめなストーブの選び方と節電方法

チェックする人

電気ストーブは灯油やガスなどを使わずに、電気のみを使ってあたためるストーブのことを指して言われますが、電気ストーブに含まれる範囲は挙げられる情報によって多少異なる場合もあります。カーボンヒーターなどのヒーター類も含めて挙げられることがあるでしょう。今回は、わかりやすくヒーターなどにも視野を広げて、賢く節電につなげるための電気ストーブの選び方や使い方のコツをご紹介します。

電気ストーブのメリットとデメリット

電気ストーブは、すぐにあたためられることが特徴で、空気が汚れないというメリットもあります。ただ、ピンポイントであたためるのに役立つ機器のため、部屋全体などの広い場所をすぐに快適な温度にするのは難しいことがあるでしょう。電気代も高めなことで知られていますので、節電のためには、デメリットを上手に防ぐ使い方がポイントです。

スポンサーリンク

いろいろな電気ストーブの製品

電気ストーブという名前の製品もありますが、関連するそのほかのヒーターの名前についても詳しく知っておくと参考になります。ヒーターには、セラミックを発熱させてあたたかくする方法で温風が出る「セラミックファンヒーター」、ハロゲンランプによる熱であたためる機器で近赤外線が多いという特徴でも知られている「ハロゲンヒーター」、ニクロム線を利用していて、衝撃に強いことや寿命が長いことなどで注目される「シーズヒーター」などがあります。

省エネで注目される「カーボンヒーター」は、熱の発生に炭素繊維を利用しているもので、赤外線の放射量がハロゲンヒーターの2倍という特徴も挙げられています。同じ種類に入る「グラファイトヒーター」は、黒鉛を発熱体にしていますが、遠赤外線の放射量が多く、立ち上がりが速いことなどが特徴として挙げられていますので、合わせて参考にしてみましょう。

またこのように一つの種類だけでなく、中には2種類のヒーターの特性をそなえた暖房器具もあります。製品や機能などによって特徴は異なるため、電気ストーブの電気代は一概に挙げるのは難しいことがありますが、1時間の使用で、10円以下から、高くなると30円を超える場合があるでしょう。

節電に役立つ電気ストーブを選ぼう

省エネで注目される電気ストーブもありますが、電気代は個々に違いますので、自分の生活にマッチするものを選ぶことも節電に役立ちます。例えば、手軽に持ち運びできるものなら、部屋の中で移動してもそれに合わせてあたたまることができるので、余分に使うことを防げるでしょう。

消費電力の切り替えができるものや、強弱の運転切り替えができるものもありますので、細かい部分までチェックしてみると良いですね。ほかにも、タイマー付き、加湿機能付き、人感センサー機能付き、サーモスタット付き、首振り機能付きなど個性はさまざまにあります。これらの機能も踏まえて、節電につながるアイテムを選んでいきましょう。

電気ストーブは、火事に注意することも大切な事柄です。転倒時に電源がオフになる機能なども参考に、安全面で工夫されているものも参考にしてみてくださいね。

電気ストーブの賢い使い方

節電を心がける時には、まず長時間のつけっ放しに注意しましょう。タイマー機能などがあれば、上手に活用してみると良いですね。ピンポイントであたたまる働きを生かして、 帰宅時にすぐにあたたまりたい時、エアコンで部屋があたたまるまでなどのタイミングで使うのもポイントです。また、トイレ、脱衣所、机の下、キッチンなどのピンポイントで寒い場所に置いてみるのも良いでしょう。人感センサーなどがあれば便利ですが、その場にいない時には電源を切るのを忘れないように気をつけておくと良いですね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ