1. ガス給湯器の節電方法は?電気代が意外とかかる待機電力をチェックしよう

ガス給湯器の節電方法は?電気代が意外とかかる待機電力をチェックしよう

節電のイメージ

私たちの快適な生活をサポートしてくれるガス給湯器。非常に便利な反面、それなりに電力を使うのも確かな事です。そんなガス給湯器の電気代はどのくらいなのか、そして節電方法はないのか、いくつかの項目に分けて見ていきましょう。

ガス給湯器は待機電力が多い?

みなさんは待機電力を意識していますか。普段は気にかけない事も多いですが、実は年間消費電力の5%は待機電力。中でも給湯機器はその25%ほどを占めると言われているのです。と言ってもピンとこないと思うので、少し具体的な数値にしてみましょう。普通のガス給湯器の場合、待機電力は6.55Wほど。年間の電気代は1550円程度かかります。新しいタイプのガス給湯器の場合は、もう少しだけ待機電力が安くなりますが、それでも年間1000円程度は必要です。

参考:待機電力をたくさん消費する家電ランキング!あの家電がランクイン!?

スポンサーリンク

ガス給湯器の節電方法

待機電力が多いと分かったところで、ガス給湯器の節電方法も見ていきましょう。方法はいたって簡単なもので、使わないときにはリモコンを切るだけ。冬場などの寒い時期なら別ですが、夏場はお風呂にお湯を使う程度だと思うので、お風呂が終わったらリモコンを切っても問題ないと思います。リモコンが入りっぱなしだと勝手にお湯を沸かしてしまうこともあるので、ガス代節約も含めて実践してみてください。また、節約グッズを使って追い炊きの回数を減らすことでガス代を節約できます。リモコンを切る方法と共に実践して経済的な負担を減らしましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ