1. 窓の結露対策や断熱で節電しよう!冬の寒さ・節電対策に効果的な理由と方法

窓の結露対策や断熱で節電しよう!冬の寒さ・節電対策に効果的な理由と方法

窓

冬に気になる窓の結露、じめじめして過ごしにくいですよね。そんな結露ですが、断熱と合わせて上手に対処すると、節電にもつなげることができます。寒さ対策も含めて、冬の季節を快適に暮らす工夫を身につけながら、経済的にもお得な冬を過ごしましょう。

窓から逃げてしまうあたたかさ

冬には外がとても寒くなり、窓を開けると冷たい空気が入ってきますね。ですが、窓を開けていなくても、部屋の熱は逃げていってしまうことがあります。そのため、暖房をたくさん行っても、効率が悪くなってしまうでしょう。窓の断熱により、部屋の中のあたたかさが逃げてしまうのを防ぐことで、余計な暖房のエネルギーを減らすことができるのです。

スポンサーリンク

結露対策のコツを身につけよう

窓にできてしまう結露には、生まれるしくみがありますので、知っておくと対策をする時に役立ちます。コツをつかんで上手に対処していきましょう。

結露ができるワケ

窓が濡れてしまうのは、その部分の温度が下がることで、空気中の水分が液体になり水滴として現れることが原因となっています。例えば、温かい食べ物にラップをすると、ラップの内側に水滴が付いたり、カフェで注文した冷たいドリンクの下に水たまりができたりすることがあるでしょう。これと同じように、あたたかい部屋に対して、窓の部分の温度が冷えることで結露ができてしまうのです。

窓の断熱、結露、節電の関係

結露のしくみを見てみるとわかるように、窓の付近の温度が下がらなければ、結露も起きにくくなります。合わせて、熱も逃げにくくなりますので、窓の断熱によって結露の発生も防げる、という一石二鳥が期待できるでしょう。

結露を防ぐには、室内の温度を上げすぎないようにすることも大切です。設定温度を低めに設定することは、節電にも役立ちますね。また、結露防止には換気も大切になりますので、冬にはできるだけ部屋が冷えない換気の仕方を心がけてみましょう。換気扇などを回したり、サーキュレーターなどで部屋の空気を循環させたりしながら、上手に快適な空間を作り出すことがポイントです。

結露を放っておくと?

結露は、窓が濡れてしまうことだけでなく、ほかにもデメリットがあります。室内のカビの原因になったり、ダニの発生に影響したりと、体への害につながることもありますので、健康面に対しても注意が必要になるでしょう。また、家自体が傷む原因にもなりますので、常にケアを心がけておくことは役立ちます。

結露対策にもつながる窓の断熱方法

窓の断熱方法にも複数のやり方がありますので、やりやすい方法とアイテムを選んでみてくださいね。

断熱の窓ガラスに替える

窓の断熱では、窓ガラス自体を断熱ガラスに取り替える、という方法があります。断熱ガラスは、二重の構造になっていて、外の冷気を室内に伝わりづらくするしくみとなっていますので、構造を詳しく見てみると参考になるでしょう。加えて、窓のフレームも樹脂などでできた熱を伝えづらい素材のものにすると、なお効果が期待できます。詳しい知識を身につけながら、自分の家に合う窓を見つけてみましょう。

窓用の断熱シートを貼る

窓ガラスを交換するのは少し大変ですが、窓用の断熱シートを貼る方法なら、すぐにトライできます。これは、窓に専用のシートを貼ることで、断熱ガラスの構造と同じように、窓との間に層を作る方法です。断熱シートには種類があり、粘着剤で貼るものもあれば、水を使って貼るものもありますので、使いやすいタイプを選んでみましょう。

シートは窓に直接貼ってしまうので、デザインを選ぶこともポイントです。窓の機能を保てる透明に近いデザインのほか、目隠しに役立つ柄のあるデザインなどがありますので、部屋に合わせて最適なアイテムをチョイスしましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ