おすすめの電力会社ランキング98社比較

電気あんかが暖房代の節約におすすめ!気になる電気代や上手な使い方

冬のイメージ

冬に悩みの種のひとつとなるのが電気代ですよね。

寒い冬を快適に乗り切るために、エアコンやストーブなどで部屋の温度を調節したり、ホットカーペットやこたつなどで暖をとったりすることが多くなります。このような冬の暖房器具は、電気代がかかってしまうため、少し使っただけなのにあっという間に電気代が高くなってしまうことも少なくありません。

そんな冬の季節、オススメなのが電気あんか。電気あんかなら冬の暖房費を抑えながら暖かく過ごすことができますよ!

これが結論!

電気あんかは1時間あたり0.01~0.15円と暖房器具の中でも電気代が安いアイテム。上手に使用すれば少ない電気代で暖かく過ごせます。詳しい使い方は本ページにまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

電気あんかは電気代が安い!

平均的なモデルの電気あんかは30~60Wほどの消費電力です。

例えば人気メーカー“山善”の「YDK-607HD」という電気あんかの電気代は以下のようになっています。

山善の電気あんかの電気代/1時間

  • 弱(約30度):約0.01円
  • 中(約45度):約0.09円
  • 強(約60度):約0.15円

※1kWhあたり27円で計算

中モードで1時間0.09円、1日8時間使用して0.72円、1ヶ月でも21.6円しか電気代がかからないのです。このように、非常に電気代が安い暖房器具であるため、寒い冬に電気代をかけず暖かく過ごすためにはもってこいなんですね。

電気あんかってすごく電気代が安いのね!

1ヶ月で21.6円だもんね!こりゃすごいや!

スポンサーリンク

自宅にある電気あんかの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

電気あんかを上手に使おう

電気あんかの上手な使い方を紹介します。

椅子に座っているとき、足元を温める

電気あんかを使うときには、椅子に座っているときに足元を温める道具として使うと良いでしょう。足元に電気あんかを置き、膝にブランケットを掛けると熱が逃げず、しっかり“頭寒足熱”の状態が作れます。受験勉強にもおすすめですよ。

湯たんぽ代わりに使う

また湯たんぽの代わりに就寝時に布団の中に入れるのもおすすめ。実は電気あんかのコストは、湯たんぽのお湯を沸かすコストより安いとされているので、電気あんかを使うことで光熱費の節約にもつながるのです。

エアコンなどの暖房器具と併用する

エアコン等の暖房器具と併用するのもおすすめ。なかなか温かくならないとエアコンの設定温度を上げてしまうことがありますが、電気あんかが体を温めてくれるので設定温度を上げ過ぎずに済むでしょう。

優秀な暖房器具の電気あんかですが、使用するときにはタオルや薄手の毛布などでくるみましょう。肌が直接電気あんかに触れないようにすることで、低温やけどなどによる怪我を防ぐことができます。

そうか!湯たんぽ代わりに使用したり、エアコンと併用したりするのがいいんだね。

工夫すれば光熱費も抑えられそうね!

いいこといっぱいの電気あんかの上手な使い方

電気あんかの良いところは、電気代が安く済むだけではありません。電気あんかは消費電力が小さいため熱源になりにくく、家事や事故がおこりにくい点も魅力のひとつです。冬は暖房器具による火災が多くなるため、その心配が少なくなるのは大きなメリットであるといえます。

また、小さなお子様がいる家庭の場合、暖房器具による事故や怪我も心配になります。電気あんかは、熱源の小ささのおかげで他の暖房器具と比べて事故や怪我の心配も少なく、安心して使うことができます。