1. 蓄熱暖房機の節電方法を知ってムダなく使おう!オール電化の暖房代を節約

蓄熱暖房機の節電方法を知ってムダなく使おう!オール電化の暖房代を節約

温かい家

最近はオール電化のお家がふえてきました。オール電化住宅に住むにあたって、気になってくるのがやはり電気代です。ガスを使わず電気だけで暖めるのは、電気代がとてもかかるのではないか?と心配している人は多いのではないでしょうか?冬場のオール電化住宅の蓄熱暖房機の電気代は、どのよう感じなのでしょうか?

冬場にびっくりすることも多い蓄熱暖房機の電気代

初めて蓄熱暖房機を使う人にとって、電気代は気になる部分であると言えます。この蓄熱暖房機は、冬でも室内を暖かく快適に過ごすことができるようにしてくれるため、多くの人が取り入れています。しかし、そんな便利さだけでなく、電気代の高さに驚かされたという声も少なくありません。蓄熱暖房機は、どんなときでも温度を一定に保つために、常に自動で動き続けています。つまり、必要のないときでさえ、熱を蓄えようと動き続けているため、電気代が高くなってしまうことがあるということです。

中には夏場の倍以上にもふくらんでしまったという人もおり、使い方を間違えてしまうと、痛い目に合う可能性もあります。蓄熱暖房機による電気代の高騰を避けるためには、蓄熱暖房機の上手な使い方を知っておく必要があります。そこで、蓄熱暖房機を使う際の、節電方法やポイントなどについて、ご紹介します。蓄熱暖房機の電気代を節約するためには、

スポンサーリンク

蓄熱暖房機の節約方法

適切な蓄熱量

電気代が特にかかるのが、追い炊きです。溜め込んでいたお湯の温度が下がってしまうと、それを温めるために自動で追い炊きをするため、電気代が高くなってしまいます。日中追い炊きをしなくても良いように、適切な蓄熱量を設定することで、電気代を節約することができます。適切な蓄熱量の目安として、20時で熱をほとんど使いきってしまう程度に設定するがおすすめです。

具体的な設定については、自宅の広さや使う使う量によって変わってくるため、設定を自分で調節しながら探ってきましょう。また、蓄熱暖房機には、季節ごとに蓄熱量設定の目安が記載されているため、最初はそれを参考にしながら設定をし、除所に自分の生活に合った蓄熱量を見つけていくと良いでしょう。

夜間電力

電気代の節約を行うためには、電気代の安い夜間に電力を使うようにしましょう。蓄熱暖房機は、初期設定の段階で、現在時刻・通電開始時間・通電時間の3つを設定します。この設定がずれてしまっていると、夜間電力をうまくつかうことができない可能性があるため、正確な設定を心がけましょう。また、使っているうちにズレが生じてしまうこともあるため、定期的に時刻設定をチェックするのも忘れないようにしましょう。

季節ごとにブレーカーを切る

暖房を使う必要のない季節がやってきたら、蓄熱暖房機のブレーカーをきるのも、節電に繋がります。電源がついたままの状態の場合、温める必要がなくても自動で温め続けてしまうため、必要のない時期には手動でブレーカーをオフにしてしまいましょう。

ファンで調節する

ファンがついた蓄熱暖房機の場合、常にファンが回っている状態だと熱が放出され続けてしまうため、それだけ電気代がかかってしまいます。十分に暖かいときや必要のないときには、ファンを停止して熱の放出する量を調節しましょう。蓄熱暖房機の中には室内の設定によってファンが作動するものもあるため、そのような設定をうまく活用するのも効果的です。

まとめ

蓄熱暖房機は、冬なのに家全体が暖かく、とても快適に過ごすことができるため、その心地よさに感動した!という声もたくさんあります。そんな便利な蓄熱暖房機をより気持ちよく使うためにも、蓄熱暖房機を無駄なく使う方法をマスターしておきましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ