1. 体を温める食事で暖房を節電しても快適!ポカポカになる食材とレシピはコレ

体を温める食事で暖房を節電しても快適!ポカポカになる食材とレシピはコレ

もつ鍋

冬は家の中にいても寒くてたまらないことがありますね。暖房の節電を心がけているとなおさら冬がつらく感じてしまう時もありますが、そんな時には、食事にも注目してみましょう。

家族でお鍋を囲んでいたら、暑くなり暖房を切った、という経験もあるのではないでしょうか。今回は、体を温める食材と合わせて、ポカポカになれる冬におすすめのレシピのコツをご紹介します。

体を温める食材とは?

体を温めてくれる料理を作る時には、どんな材料で作るのかもポイントになっています。とはいえ、食材にはたくさんの種類がありますので、最初はよくわからない時もあるでしょう。それぞれの食材にいろいろな特徴がありますので、見分け方も少し難しい部分がありますが、選び方の基本ポイントをおさえておくと料理をする際の参考になりますよ。

体を温める食材の特徴

まずは、大まかな特徴から見ていきましょう。挙げられるポイントには、冬に旬の野菜、オレンジや赤などの暖色系のもの、根菜類などがあります。例えば、夏野菜として知られる、キュウリ、トマト、レタス、ナスなどは、体を冷やす作用があると言われますが、暑い夏にはぴったりの野菜ですね。同じように、冬には冬の野菜を食べることで季節に合った効果が得られやすくなるでしょう。

具体的な食材の例

体を温める作用があると言われる食材には、例えば、カボチャ、大根、人参、ニンニク、ゴボウ、カブ、タマネギ、レンコンなどの野菜が挙げられています。そのほかにも、穀類ではもち米、豆類では、小豆、黒豆、などがありますので、幅広いカテゴリの中で探してみましょう。

辛味成分に注目

体を温める食材については、血行を良くする働きが期待できる辛味成分を含んだものに注目することもできます。ショウガは風邪や冷え性への対策でも知られる食材ですが、ショウガオール、ジンゲロール、ジンゲロンなどの特徴的な辛味成分が含まれています。また、ネギにはアリシン、唐辛子にはカプサイシンなどが含まれていますので、これらも参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

冬におすすめのおいしいレシピのコツ

食材選びのコツがつかめたら、おいしいレシピ探しにも挑戦してみましょう。冬におなじみの料理がたくさん挙げられていますので、それほど難しく考えることはありません。例えば、チゲ鍋、ちゃんこ鍋、モツ鍋など、いろいろな種類のある鍋料理も体を温めるのに役立つレシピの一つです。さまざまな食材と合わせやすいので、料理が苦手な人でもはじめやすいでしょう。

ほかにも、豚汁、シチュー、スープなどがあります。夏野菜がよく使われるサラダのポジションには、温野菜サラダにするなどの工夫をしてみると良いですね。また、料理方法では、片栗粉や葛粉などでとろみを付けると、熱が逃げにくく温かいまま食べやすくなることがあります。

飲み物では、ジンジャーティーや赤ワインなどもおすすめ。紅茶にも体を温める働きがあるとされています。赤ワインは、シナモンなどのスパイス、オレンジやレモンなどのフルーツと一緒に火にかけてホットワインにして飲むレシピがありますよ。

体を温める食事の注意点

体を温める食材には、賛否両論も見られますので、料理方法や食べ方にも工夫しながら、上手に活用していきましょう。例えば、食べると汗をかくような唐辛子料理は、汗をたくさんかいた後、そのままにしていると汗が冷えてかえって体が冷えてしまうことがありますので気をつけましょう。

また、ショウガも生のままでは逆に体を冷やしてしまうと言われ、乾燥したものや火にかけたものが勧められています。ポカポカを目指す時には、コーヒー、緑茶、ビールなど、体を冷やす飲み物にも注意しましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ