1. 電気代は夜の方が安いって本当?使う時間帯に注目して節約するコツや注意点

電気代は夜の方が安いって本当?使う時間帯に注目して節約するコツや注意点

電気代の計算

電力会社のプランには従量電灯と時間帯別電灯の違いがありますが、このプランの違いが夜間の電気代の違いに関わってきます。なぜ夜に安いのか?という理由も探りながら、賢く夜間の電気を活用するためのコツや注意点を見ていきましょう。

電気代が夜に安い理由とは?

大量の電力を貯めるということが難しいため、電力会社は電気が足りなくなることを防ぐために時間に関係なく電気を供給しています。夜間は昼間活動していた人々が休むことから、電気の需要が昼間と比べると減少することがあるでしょう。そのため、夜間の電気を利用してもらえると電力を無駄にしなくて済む、という利点があります。

スポンサーリンク

夜間の電気に注目する前に

通常の従量電灯プランでは時間によって料金が変わらないので、そのまま夜間に使用しただけでは安くならないことがあります。まずは夜間にお得なプランをチェックしてみましょう。時間帯としては夜間の8時間~12時間程度の幅が見られます。夜間にお得なプランは自分の生活に合わせて選ぶことが大切です。夜間のプランにすると、昼間の電気代や基本料金が割高になる場合もありますのでバランスを見て選ぶと良いですね。

夜間の電気を上手に使うには

夜間に昼間と同じように生活する分には電気を効率よく使えますが、それ以外の場合には、電気機器の充電など時間帯を調節できることに電気を使うことがポイントです。電気機器のタイマーを夜の時間にセットして活用する方法もありますよ。蓄熱式の電気機器を使っている人には特におすすめされることもありますので参考にしてみてくださいね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ