1. 省エネな暖房器具の種類を知って電気代を節約しよう

省エネな暖房器具の種類を知って電気代を節約しよう

省エネ

エアコンやファンヒーターに電気ストーブなど、とにかく冬の暖房器具は電気代がかかりがち。「少しでも省エネな暖房器具で冬を乗り切りたい…」って考える人も多いんじゃないかな?

そこで、今回は省エネな暖房器具について紹介するよ。これで冬も光熱費を節約しつつ乗り切ろう!

暖房器具もいろいろ!それぞれの特徴とは

部長。今や暖房器具って本当にいろいろあるんですね。こないだネットで調べてびっくりしちゃいましたよ。

そうじゃのう。エアコンに始まり電気ストーブにファンヒーター、こたつ、電気毛布など数えだしたらキリがないかもしれん。

うーん。結局のところ、どの暖房器具が一番いいとかってあるんですか?冬に向けてどれかを購入しようと思ってるんですけど。

ふむ。どれも一長一短だから一番を選ぶのは難しいと思うぞ。下にそれぞれの特徴をまとめておいたからチェックしてみるんじゃ。

暖房器具の種類特徴
エアコン部屋全体を暖めるが電気代が高めで暖まりも遅め
セラミックファンヒーター部屋全体を暖めるが電気代はやや高めで暖まりも遅め
電気ストーブ暖まりは早いが一点集中的なもので電気代もやや高め
オイルヒーター部屋全体を暖めるが電気代が安いとは言えず暖まりも遅め
こたつ暖まりは早く電気代も安めだが暖まるのはかけ布団の中だけ
電気毛布・電気ブランケット等暖まりは早く電気代も安めだが足元等しか暖まらない

部屋全体を暖める器具は電気代が高くて、スポット型は電気代が安めって感じですかね。うーん。迷う。

まぁ、これだけの情報で決まるのはちと難しいのう。下ではそれぞれの具体的な電気代も紹介しておるぞ。

スポンサーリンク

暖房器具電気代ランキング!ワースト1位はエアコン

電気代が高いと言われる暖房器具の電気代をざっと計算してみてランキングにしてみたぞ!最下位(電気代が高い)はエアコンじゃ。

ランキング種類
1時間あたりの電気代
1位電気毛布・ブランケット
1~2円
2位こたつ2~5円
3位電気ストーブ13~27円
4位セラミックファンヒーター
13~27円
5位オイルヒーター13~33円
6位エアコン3~54円

※1kWhあたり27円で計算

でも…エアコンとか電気代に幅がありすぎじゃないですか?3~54円って…。

エアコンの消費電力を見ると100~1000Wみたいに幅があるから仕方ないんじゃよ。他の暖房器具にしても「弱」「中」「強」があったりするから、上のはあくまでも目安のひとつだと考えてほしいんじゃ。

まぁ、電気毛布やこたつが安いっていうのは分かりました。

そのあたりはスポット的な暖めなだけあって安価じゃのう。暖房器具の電気代を節約したいと思えば、ぜひこたつ等を活用したいところじゃ!

スポンサーリンク

省エネな暖房器具を活用しよう!

ここからは節電にぴったりの省エネ暖房器具について掘り下げていくぞ!

省エネ代表はこたつ:1ヶ月480円~

暖房器具の電気代を節約したいなら、何といってもこたつじゃな。これを活用しない手はないぞ。

こたつ、いいですよね。一度入ると出られなくなる魅力があります!

大きめのこたつなら家族で一緒に入れるしのう。部屋全体を暖めることはできんが、1時間あたりの電気代は2~5円ほど。1日8時間使ったとしても16~40円ほど。1ヶ月でも480~2,000円くらいと非常に安価じゃ!

こたつの電気代目安

  • 1日8時間使用で16~40円ほど
  • 1ヶ月でも480~2,000円ほど

安いですねぇ。

しかも、エアコン等と違って足元が暖かく、頭の方はそこまで熱がいかないためボーッとしにくいのも特徴じゃ。「エアコン等で頭がボーッとして集中できないのが嫌」という人にもおすすめじゃぞ!

確かにエアコンってボーッとしますよね。

もし、こたつだけで暖まりが弱いと思えばエアコンを設定温度低めで併用するのもいいかもしれん。エアコンを使う分だけ電気代は高くなるが設定温度が低めなら、いくぶんかは節約できると思うぞ。

エアコン単体だと足元が暖まらなくて設定温度高くしちゃうことが多いですからね!

あとはこたつに使える保温シートや断熱シートを併用するのもおすすめじゃ。これなら電気代はかからないし、効率よく暖めることが出来るから省エネに繋がるはずじゃぞ!

電気毛布・ブランケットもおすすめ:1時間1~2円

電気毛布や電気ブランケットなども電気代が非常に安いぞ。商品や熱の強さによるが1時間あたり1~2円程度が一般的じゃ。

類を見ない安さですね!

こたつに比べると暖かさ的には弱いかもしれんが、電気ブランケットなら椅子に座った状態で使用できるという大きなメリットがあるし、他の暖房器具をつけるまでもないけど少し肌寒い時とかにぴったりなんじゃよ。

電気ブランケットのメリット

椅子に座った状態で使用できる(仕事・作業中などに使いやすい)

こたつに入りながら仕事って難しそうですしねぇ。

あとはさっきも言ったように、エアコンと併用することでエアコンの設定温度を下げられるはずじゃ。暖房時は温度を1度下げるだけで電気代が約10%も安くなると言われているんじゃよ。

ポイント

エアコン(暖房)の設定温度を1度低くすると約10%の節電になる

それなら、エアコン単体より電気毛布や電気ブランケットとの併用の方が節電できそう!

エアコンを使う時はサーキューレーターを併用!

省エネな暖房器具と言えばこたつ、電気毛布あたりなんじゃが、やはり部屋全体を暖めたい時もあるじゃろ。そういった時はエアコンとサーキューレーターを併用するのがいいぞ。

サーキューレーターって、あの扇風機みたいなやつでしたっけ?

正確には違うんじゃが、まぁ扇風機の空気循環に特化した版みたいなものじゃな。

サーキュレーターひとつでそんなに変わるんですか?

特性上、暖かい空気は天井の方にたまってしまうからエアコンをつけても足元は暖まりにくいんじゃ。しかし、サーキュレーターで空気を循環させてやれば、天井の方の暖かい空気と足元の冷たい空気が混ざってムラが無くなるんじゃよ!

つまり…?

簡単に言えば暖かさを感じやすくなるため、エアコンの設定温度を下げても意外と平気なんじゃ。さっきも言ったようにエアコンの設定温度を下げると1度で約10%も節電になる。サーキュレーターの電気代は大したものじゃないから、ぜひ試してみてほしいんじゃ!

省エネな暖房器具を使って節電しよう!

こたつや電気毛布・電気ブランケットなどが省エネな暖房器具だって分かってもらえたかな?

冬の電気代は油断していると20,000円を超えちゃうこともあるよね。そんな電気代を節約するために、ぜひ省エネな暖房器具を上手く活用してね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ