1. オール電化住宅について知ろう!オール電化のメリット&デメリット

オール電化住宅について知ろう!オール電化のメリット&デメリット

オール電化住宅のイメージ写真

最近よく耳にするオール電化住宅。ガスを使わないという、一昔前なら考えもしなかった新しい住宅です。そんなオール電化が流行っているからには、やはりメリットがいくつかあるわけです。今回はそんなメリット共に、いくつかのデメリットも紹介。オール電化を検討している方は参考にしてみてください。

オール電化のメリット

まずは、オール電化住宅にするメリットについて見ていきましょう。

光熱費が電気だけに!

オール電化住宅では当然ながらガスを使いません。料理に使うコンロはIHクッキングヒーターになるので、火が必要ないのです。そのため、光熱費となるのは電気だけ。ガスの使用量が減るのではなく、ガス自体が不要になるので基本料金も電気だけで大丈夫です。

参考:IHクッキングヒーターは電気代がかかる?節電テクニックを活用しよう!

夜間電力が安くなる

オール電化住宅の多くはオール電化に特化した、夜間電力の安くなるプランを利用します。そのため、上手く時間帯を調整することで電気代の節約が可能。夜間電力でお湯を沸かすエコキュートなどを設置することで夜間電力を最大限に活用できます。

参考:オール電化住宅の代表的な給湯器エコキュートって何?

IHクッキングヒーターの掃除が楽!

先ほども説明したように、オール電化住宅では従来のガスコンロでは無く、IHクッキングヒーターを使用します。このIHクッキングヒーター、ガスコンロと違って形が非常にシンプルなので掃除が楽なのです。実際に見てもらうと分かるのですが、なんとIHクッキングヒーターは完全な平面。基本的に凹凸はなく、何にも邪魔されずに拭くことが可能です。これに対してガスコンロの場合、凹凸も多く掃除に手間がかかります。また、ガス燃焼による汚れもなく、掃除を抜きにしても綺麗にキッチンを保てるでしょう。とは言っても、長期間放置すれば料理の汚れが蓄積してしまうので、なるべく定期的に拭くようにしてくださいね。

安全性が高い!

オール電化住宅は従来のガスを使用しないので、住宅の周りに燃料を設置する必要が無いのです。ガスを使用する場合はプロパンガスが敷設されるので、ガスが漏れてしまったり、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の可能性がありましたが、オール電化ならそういった心配は不要でしょう。もちろん、ガスを利用している方でも、そうそう起こることの無いトラブルですが、安全性が高いに越したことはありません。

スポンサーリンク

オール電化のデメリット

何事もメリットがあればデメリットも存在するもの。オール電化のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

昼間の電気代が高くつく

オール電化向けのプランは夜間電力が安く設定されている分、昼間の電力料金は高めに設定されています。そのため、昼間にどんどん電気を使ってしまうと、電気代が高くついてしまうことも。ですので、オール電化に切り替えた際は、いかに夜間電力に電気使用をまわせるかが鍵。家事は出来るだけ夜間にまわして電気代を節約しましょう。

初期費用がかかる

オール電化への切り替えの際、IHクッキングヒーターやエコキュートなどが必要になり、初期費用がかかってしまいます。具体的な費用は設置する機器などで変わりますが、やはり安いものではありません。

料理に火が使えない

IHクッキングヒーターは電気で加熱するシステムなので、当然ながら火がでません。そのため、人によっては料理時に不満を覚えることもあります。たとえば、IHクッキングヒーターの場合、鍋を持ちあげてしまうと加熱が止まってしまい、頻繁に鍋を上げることができません。また、機種によっては大火力に対応してらず、中華料理を作る方などは満足できないかもしれません。料理にこだわりのある方は、実演などを見ながら慎重に決めましょう。ただ、人間というのは慣れる生き物で、火を使わない料理にも次第に慣れてくると思います。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ