1. 窓の断熱でエアコンの節電効果UP!断熱シートなどの断熱グッズまとめ

窓の断熱でエアコンの節電効果UP!断熱シートなどの断熱グッズまとめ

結露

夏場や冬場の電気代の大半を占める家電と言えばエアコン。夏場は部屋を涼しく快適に、冬場は部屋を暖かくしてくれるありがたい家電ではありますが、本当に電気代は高め。場合によっては電気代の半分がエアコン、なんてこともありえます。今回はそんなエアコンの節電効果を高める断熱グッズを紹介しましょう。

断熱シートでエアコンの節電!

断熱シートは窓に張って使う断熱グッズ。窓に張っておくだけで太陽の日差しがカットされるので、冷房によって涼しくなった部屋が簡単には暖まりません。窓を交換するのは大変ですが、シートであればそこまで手間じゃないでしょう。張り方は商品ごとに異なりますが、基本的には水で濡らして張るタイプ。特殊な道具は必要なく初心者でもピタッと張ることができます。また、両面テープで張るタイプもあり、これなら2重ガラス構造を簡単に作りだすことができ、断熱効果が高まります。しかも色は透明なので外から見ても違和感なし。商品によっては遠目からなら張っているか分からないほどです。

断熱シートは冬場に多い結露対策にもなるので、エアコンを使う季節にはぜひ導入を検討してみてください。温かい熱の半分程度は窓やドアから逃げているというデータもあるのです。ちなみに、ワイヤー入りの窓の場合は断熱シートが使えないこともあります。これも商品ごとに異なるので、購入前にはきちんと確認しておくといいでしょう。断熱シートが原因で熱割れを起こすこともあります。

スポンサーリンク

カーテンは必須!

もはや断熱グッズと呼んでいいのか微妙なところですが、カーテンは断熱に重要なもの。夏場は日差しが入ってくるのを抑えてくれますし、冬場は窓から熱が逃げるのを抑えてくれます。ただ、カーテンはほとんどの家庭が設置していると思うので、ここでは豆知識を紹介。部屋の掃除は大変になりますが、カーテンの裾を長くしておくとより断熱効果が高まりますよ。これは節電にも繋がるので、機会があればちょっと長めのカーテンに交換してみてはどうでしょうか。

また、最近はカーテンリターンなるものも存在。これはカーテンの横部分の隙間を減らすためにつけるもの。これだけでもエアコンの節電につながります。外からの光をより強力にカットできるので、休日に映画を見る際などにもいいかもしれません。他にもカーテンに取り付けて床の隙間を減らすグッズなどが存在するようです。

参考:遮熱カーテン・レースでエアコンの節電!快適に過ごせて節電できる活用法

プチプチも効果あり

よく商品の梱包などに使われるプチプチ。これにも強力な断熱効果があるようです。初めから窓に張るように作られている商品であれば、先ほどのシートと同じように水で簡単に張ることができます。水を使うので剥がす時に汚くなることもありません。また、効果は少し落ちますが、一般的なプチプチを窓に張るだけでも効果的。窓に張ることで空気の層を作りだすことができ、高い防寒効果が期待されます。一般的なプチプチを張る際は、できるだけマスキングテープなど跡にならないものを使いましょう。両面テープで張ってしまうと剥がす時が大変です。

スプレータイプの断熱グッズも?

窓にシートを張りたくない人におすすめなのが、このスプレータイプ。窓に吹きかけるだけで高い断熱効果を発揮します。夏場は外からの熱を抑えることで部屋を涼しく、そして冬場は熱を逃がさないようにして部屋を温かく保ってくれるのです。サッと吹きかけて塗り伸ばしていくだけなので、おそらく数ある断熱グッズの中でも最も手軽。商品によりますが1ヶ月程度は効果が持続するようです。

アルミシートもおすすめ

他にも非常に高い遮光率で日光をカットしてくれるアルミシートが存在します。日当たりは最悪になってしまいますが、本当に熱い夏日にはおすすめ。吸盤タイプなら取り付けも楽々です。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ