1. ガス給湯器の電気代が驚くほど高い?

ガス給湯器の電気代が驚くほど高い?

ガス給湯器

お風呂で温かいお湯に浸かったり、洗面所でぬるま湯を使って顔を洗ったり。何かと大活躍のガス給湯器に電気代がかかるって知ってた?

名前からしてガスオンリーなイメージもあるけど、意外と電気代が高いんだよ。今回はガス給湯器の電気代について紹介するから参考にしてみてね!

ガス給湯器も電気代がかかる!

ねぇ、聞いて聞いて!ともすけさん!ガス給湯器も意外と電気代が高いって知ってた?

えぇ!?ガス給湯器って電気使うの?

ガス給湯器って名前からして電気を使わない気もするわよね。でも、実はガス代だけじゃなく電気代もしっかりかかってるのよ!

一体なんで電気が使われてるんだ…。

たとえば、水量センサーとかファンモーターとか…。他にもいろいろと電気を使って動いてるの!

ガス給湯器の電気を使う部分
水道センサーガス給湯器がガスを燃やす前に水が流れてきたこと知らせる
ファンモーター燃焼に使う空気を送り込む
イグナイター点火に使う火花を発生させる
ガス量制御弁火花に調整しながらガスを送る
水量制御弁水の量を調整する
温度センサーお湯を設定温度に保つようチェック

へぇ~。本当にいろんな部分に使われてるんだ。

意外よね。それも、電気代が安いとは決して言えないんだから。特に待機電力には注意が必要よ!

スポンサーリンク

待機電力だけで年間1,800円以上かかることも!

ガス給湯器の電気代で注意したいのが待機電力ね。

待機電力?

電化製品は使ってない時も、コンセントを差してる以上はある程度の電力を消費するの。これを待機電力って言うのね。ガス給湯器は基本的に電源差しっぱなしなこともあって、待機電力全体の1/4はガス給湯器によるものって言われてるんだから。

それって多いの?

多いわよ。待機電力は電気代の約5%を占めるとされてるんだからね。

う~ん。ピンとこない。

機種にもよるけど…ずっとオンモードで使ってた場合は約8Wの消費電力って調査結果があるのよ。電気代は「消費W数÷1000×使用時間×1kWhあたりの電気代」で算出できるから、消費電力8Wの1年分だと下のようになるわね。

ガス給湯器の待機電力目安(オンモード)

8W÷1000×24時間×365日×27円=1892.16円

※1kWhあたり27円で計算

つまり、ガス給湯器は待機電力だけで年間に約1,892円もかかってるってこと!

月々にすると約158円か!意外と大きいね!

でしょ?ちなみに、新しいガス給湯器だともっと安いかもしれないけど、それでも年間1,000円前後は覚悟した方がいいと思うわ。

電源オフで待機電力を節約!

ガス給湯器の待機電力を何とか節電する方法ってないの?

あるわよ。さっき話した年間約1,892円っていうのは電源オンで使い続けた時の数字なの。だから、こまめに電源をオフにすれば節電できるわよ。

常に電源オフなら待機電力はほぼゼロ?

残念ながら、そう上手くもいかないわ。少し古い平成24年の調査結果なんだけど、オフモードで使ったとしても約6Wの待機電力がかかるらしいの。さっきの計算に当てはめて計算すると「6W÷1000×24時間×365日×27円=1419.12円」で年間約1,419円の電気代がかかるってことになるわ。

ガス給湯器の待機電力目安(オフモード)

6W÷1000×24時間×365日×27円=1419.12円

※1kWhあたり27円で計算

安くはなってるけど…劇的な変化ではないんだね。

そうなの。まぁ、それでも電源をオフにするくらい大した手間じゃないから、節電のためにこめまな電源オフを心がけた方がいいとは思うけどね。

年間450円くらいの差でも、10年すれば4,500円だしね!

スポンサーリンク

電源コードを抜くのはNG!

あれ?そういえばガス給湯器の電源を抜いちゃえば待機電力を完全にカットできるんじゃない?僕、冴えてるかも!

いいえ、冴えてないわ。ガス給湯器の電源を抜いちゃうとね、凍結防止のための機能が停止しちゃうの…。

ってことは?

場合によっては、凍結から管が破損して水漏れを起こす可能性もあるの。あと、水漏れは無くても凍結すれば自然解凍されるまでお湯や水が使えないんだから!

そ、それは困るね…。

そうよ。だからガス給湯器の電源は基本的に抜いちゃダメなの。待機電力カットのために家電の電源コードを抜くことはよくあるけど、ガス給湯器は例外ってことね。

節電意識を持つ!使わない時はOFFにして電気代節約!

ガス給湯器は予想以上に電気代がかかってる機械だってわかったね。

ものすごく大きな効果はないけど、こまめに電源をオフにすると待機電力をある程度はカットできるから、電気代の節約を心がけてる人は試してみてね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ