1. パネルヒーターの電気代(消費電力)は割と高い!

パネルヒーターの電気代(消費電力)は割と高い!

編み物の道具

その名の通り、パネルで覆われた形状が特徴的なパネルヒーター。コンパクトな形状や火を使わず安全なところが魅力の暖房器具だけど、その電気代は割と高いって知ってた?

今回はパネルヒーターの電気代や消費電力がどのくらいなのか紹介するよ!

これが結論!

パネルヒーターの電気代は1時間あたり約13.5~27円と高め。弱運転で目の前に置くなど工夫して節電しよう。

パネルヒーターの電気代は割と高い!

パネルヒーターって何となくおしゃれな見た目してるよね。僕、今年の暖房器具はこれにしてみようかな。

たしかにどことなく可愛いわよね。でもね。パネルヒーターってけっこう電気代がかかる暖房器具なのよ。

パネルヒーターの消費電力と電気代

  • 強運転(1000W):約27円/1時間
  • 弱運転(500W):約13.5円/1時間

※1kWhあたり27円で計算

た、確かに高いね。1日10時間も使ったら300円近くなることもあるのか。

もちろん機種によって異なるけど、私が調べた感じでは強運転は1000W前後、弱運転は500W前後のものが多かったわ。

う~ん。これだけ電気代が高いと使いたいって気持ちがなくなるなぁ…とは言ったものの、僕、他の暖房器具の電気代がよく分かってないんだよね。

そういえば、ほかと比較しないとどのくらい高いのか分からないわね。

スポンサーリンク

自宅にあるパネルヒーターの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

他の暖房器具と比較しても高い!使いすぎには注意

パネルヒーターの電気代を他の暖房器具と比べてみたわよ!

暖房器具の種類1時間1日
(8時間)
1ヶ月
(30日)
パネルヒーター強)
27.0円
弱)
13.5円
強)
216.0円
弱)
108.0円
強)
6,480円
弱)
3,240円
オイルヒーター強)
32.4円
弱)
18.9円
強)
259.2円
弱)
151.2円
強)
7,776円
弱)
4,536円
カーボンヒーター強)
21.6円
弱)
10.8円
強)
172.8円
弱)
86.4円
強)
5,184円
弱)
2,592円
エアコン12.7円101.6円3,048円
こたつ強)
5.4円
弱)
2.2円
強)
43.2円
弱)
17.6円
強)
1,296円
弱)
528円

※1ヶ月の電気代は1日あたり8時間の使用を想定

エアコンに比べて高いのがつらいなぁ。

エアコンもいろんな機種があるし、消費電力の幅が広いから絶対とは言えないけど、おそらくエアコンの方が安いわね。そもそも、パネルヒーターは広い部屋を暖めるには向いてないのよ。

そなの?

もちろん、強運転で時間をかければ部屋全体を暖められると思うけど、どちらかと言えば局所的な使い方が向いてるんじゃないかしら。エアコンとはそもそも用途がやや違うわね。

パネルヒーターを上手に使って節電しよう

う~ん。パネルヒーターの電気代は高いなぁ。これなら素直にエアコンかな?

さっきも言ったけど、エアコンとパネルヒーターは少し役割が違うし、パネルヒーターも上手に使えば節電できるのよ。

そうなの?

パネルヒーターは本体の前を暖めるのが得意だし、コンパクトで持ち運びやすいものが多いから、弱運転で自分の前に置いておくといいんじゃないかしら。部屋全体を暖めることは出来なくても、自分が暖かければ十分でしょ?

一人の時ならそれでいいよね。

弱運転なら電気代をある程度は節約できるからね。家族みんなが集まる時はエアコンに切り替えるとか、臨機応変に対応しつつ使うといいわよ!

パネルヒーターも使い方次第ってことかぁ。

そういうことね。他の暖房器具にも言えることだけど、賢く使って節電することが大切よ。特に暖房器具は消費電力が大きいから、電気代の節約効果も目に見えやすいの!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ