1. 暖房器具を正しく使い分けて節電しよう!おすすめの場所や特徴・選び方

暖房器具を正しく使い分けて節電しよう!おすすめの場所や特徴・選び方

暖房器具

冬は暖房によって消費電力が増えますので、少しでも節約を心がけたいところですね。とはいえ、寒いのを我慢するだけでは、体調を崩してしまうおそれもありますので、暖房器具の使い分けに注目しながら、効率良く節電に取り組みましょう。

暖房器具の機能

エアコンやストーブなど、暖房器具は複数ありますが、同じ暖房をしてくれる機械でも、それぞれ得意分野や特徴があり、メリットとデメリットも変わってきます。電気代もそれぞれの機械によって違いがありますが、電気代の比較だけでは活用方法や節約方法がイメージしづらい場合もあるでしょう。そんな時には、個々の機械の特徴やおすすめの活用場所に注目しながら見ていくと、節電につながる暖房器具の選び方がわかりやすくなります。

スポンサーリンク

いろいろな暖房器具の特徴を見てみよう

エアコン

季節を問わず役立つエアコンは、部屋全体をあたためることができる特徴があります。温度のほか湿度も含めて環境の調整ができ、自動運転にすることもできますので、快適な環境を作りやすいでしょう。即効性では苦手な部分もありますので、一時的に寒い場合には、ほかの器具を併用することも役立ちます。リビングなどのみんなが集まりやすい場所や、長い時間過ごす場所に適していますので、活動場所を限定して節電につなげるのも良いですね。

参考:暖房の節電のポイント!暖房のほうが冷房よりもエアコンの電気代がかかるの?

電気ストーブ

電気を使うので、空気を汚さずに使うことができるメリットもあります。ストーブの近くで直接体をあたためられることから、即効性も期待できるでしょう。電気代が比較的かかりますので、部屋全体をあたためる時や長時間の使用には不向きな面があります。部分的な冷えが気になる時や、服を脱ぐバスルームや足元から冷えるキッチンなどの冷えやすい場所にピンポイントで使用してみると良いでしょう。エアコンで環境が整うまで、一時的に活用する方法もあります。安全面としては、火事への注意に気をつけましょう。

オイルヒーター

機器の中に入っているオイルをあたためることで暖房に役立つ器具で、音が静かで、空気が汚れないメリットがあります。ですが、即時に部屋全体をあたためるのは難しい部分があり、時間がかかることも。そのため、消費電力の面でデメリットになってしまうことがあります。じんわりとあたためていく方法になりますので、冷たい空気の出入りが少ない環境への活用を心がけてみましょう。節電のためには、部屋の環境に合わせて、タイマー機能を使うのもおすすめです。

石油ストーブ&ガスストーブ

暖房の材料に電気を使用しないため、節電が期待できますが、別に灯油代やガス代がかかることがあります。部屋全体をあたためるほか、部分的や一時的にあたためたい時にも役立つでしょう。デメリットとしては、排気ガスで空気が汚れてしまうことと、一酸化炭素中毒の危険を避けるためにも、こまめな換気が必要になることがあります。排気ガスについては、室内に出さない作りのタイプもありますので、気になる時には、機器選びを工夫してみると良いですね。

電気カーペット

床に敷いて使えるので、触れているところを直接あたためることができます。ただし、長時間触れていると、低温やけどになる可能性がありますので注意しましょう。部屋全体をあたためるパワーには及びませんが、エアコンとの組み合わせアイテムとして便利です。

電気こたつ

足元をあたためるのに適しているこたつは、暖房の範囲が狭いこともあり、電気代がリーズナブルなメリットも挙げられています。全身をあたためるのは難しい部分もありますが、体感温度が上がると、ほかの暖房器具の節約にもつながります。電気カーペットと同じように、エアコンと併用して上手に活用してみるのも良いですね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ