おすすめの電力会社ランキング98社比較

オイルヒーターの電気代(消費電力)は1時間でどのくらい?

考える女性

中に入ったオイルを電気の力で暖めて放熱するオイルヒーター。燃焼が無いことから安全性が高かったり、空気を汚しにくいと言われることから子供がいる家庭にも人気があるんだ。

ただ、オイルヒーターの弱点は電気代が高いことかな。今回はオイルヒーターが1時間でどのくらいの電気代を使うか紹介するよ!

これが結論!

オイルヒーターの電気代は1時間あたり、強運転で約32.4円、弱運転で約18.9円。基本はエアコンに比べて高め。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

オイルヒーターの電気代(消費電力)について

部長。オイルヒーターってどのくらい電気代がかかるものなんですか?消費電力が低いなら導入しようかと思ってるんですけど。

ふむ。商品によって異なるが、オイルヒーターの消費電力や電気代は以下のように言われておるのう。

オイルヒーターの電気代と消費電力

  • 強運転(1200W):約32.4円/1時間
  • 弱運転(700W):約18.9円/1時間

※1kWhあたり27円で計算

た、高い!

そうなんじゃよ。オイルヒーターは欠点としてランニングコストの悪さが挙げられるんじゃ。エアコンに比べて3~6倍ほど効率が悪いと言われることもあるくらいじゃ。

エアコンの方がいいってことかぁ。

オイルヒーターの場合、簡単に移動が出来たり、運転音がほぼ無かったりといったメリットがあるから、一概にダメとは言えんがのう。オイルヒーターだけで部屋を暖めようと思えば、電気代は高めになると思うぞ。

スポンサーリンク

自宅にあるオイルヒーターの電気代を調べる

自分が普段使っている家電製品の電気代、具体的に知りたいよね!そんなときは下のシミュレーションを使ってみて!簡単に使用時間あたりの家電の電気代がわかるよ。便利便利っ!

電気代計算シミュレーション

※シミュレーションは1kWhあたり27円で計算しています(公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会の目安単価(税込):平成26年04月規定)

スポンサーリンク

他の暖房器具と比較してみよう

ちなみに、オイルヒーターの電気代を他の暖房器具と比べると以下のようになるぞ。

暖房器具の種類1時間1日
(8時間)
1ヶ月
(30日)
オイルヒーター強)
32.4円
弱)
18.9円
強)
259.2円
弱)
151.2円
強)
7,776円
弱)
4,536円
カーボンヒーター強)
21.6円
弱)
10.8円
強)
172.8円
弱)
86.4円
強)
5,184円
弱)
2,592円
エアコン12.7円101.6円3,048円
こたつ強)
5.4円
弱)
2.2円
強)
43.2円
弱)
17.6円
強)
1,296円
弱)
528円
電気毛布強)
0.8円
中)
0.5円
弱)
0.1円
強)
6.4円
中)
4円
弱)
0.8円
強)
192円
中)
120円
弱)
24円

※1ヶ月の電気代は1日あたり8時間の使用を想定

あー。他の暖房器具と比べると電気代の高さが際立ちますねぇ。

それと、オイルヒーターはファンが無いからエアコン等に比べると暖まりが遅いのも弱点じゃな。ただ、そのおかげでホコリが舞いにくいのも確かじゃ。

しっかし、こたつと電気毛布の電気代は安いですね。

そのあたりは節電暖房器具の代表格じゃからな。

節約のために使い方を工夫しよう

オイルヒーターの電気代高い…。これは導入を断念せざる得ない気がします…。

オイルヒーターも使い方を工夫すれば、ある程度は電気代を抑えられるぞ。

使い方?

有名なものとしては他の暖房器具との併用じゃな。まず、石油ファンヒーターなどの暖房器具で部屋を一気に暖め、暖まったところでオイルヒーターにバトンタッチするんじゃ。これならオイルヒーターの弱点である、暖まりが遅いという点も解消できるぞ。

なるほどぉ。

あとは、窓際に置いた方が冷気による温度ムラを防げると言われているのう。ほかにも、余熱があることからスイッチを少し早めに切るとか、意外と節電方法は少なくないんじゃ。

オイルヒーターの節電方法

  • 石油ファンヒーター等と併用する
  • 冷気対策のために窓際に設置する
  • 余熱があるので電源を少し早めに切る
  • サーモスタット機能を使う

ほぼ全ての暖房器具に言えることじゃが、少しの工夫で電気代が節約できることもある。だから、使用する暖房器具の節電方法はきちんと確かめておいた方がいいぞ!