1. 活用したい節電グッズ!便利で簡単な家庭の節電グッズまとめ

活用したい節電グッズ!便利で簡単な家庭の節電グッズまとめ

節電のイメージ画像

毎日の節電をサポートしてくれる節電グッズ。ネット通販や大型電気店などで様々な種類のものが販売されています。ここでは、そんな節電グッズからおすすめのものをピックアップ。便利で簡単なものばかりなので、家庭の節電に役立ててみてください。

人感センサーのついたLED照明

毎日の灯りとして必須の照明。冬場などは特に暗くなるのが早く、夕方から寝るまでずっとつけっぱなしですよね。そのため、照明の電気代は馬鹿にならず、節電の効果も大きいとされています。そんな照明の節電をサポートするのが人感センサーのついたLED照明。そもそもLED照明は電力消費量が少ないと言われているのですが、それにプラスして人感センサーがついていれば、人を感知して自動でオンオフ。つけっぱなしによる無駄な電力消費を避けられます。人感センサーだと昼間でも点灯しそう、なんて心配も無用で、人感だけでなく周囲の明るさも感知してオンにするタイミングを見極めてくれるのです。普段からつけっぱなしなリビングというよりは、トイレや廊下などの消し忘れの多い箇所におすすめなので、ぜひ取り替えて節電を心がけてみてください。

スポンサーリンク

スイッチ付きのマルチタップ

テレビなどで耳にすることのある待機電力。これが何気に多いもので、消費電力の約7%は待機電力とされています。そのため、待機電力をいかに無くすかも節電にとっては非常に重要なこと。そこで、スイッチ付きのマルチタップを使ってみましょう。これならコンセントごとにスイッチがついているので、いちいち抜く必要もなく、それでいて待機電力はばっちりカットできます。ただ、マルチタップによってはスイッチが1つしかなく、これだけ全ての電力供給が止まってしまいます。ですので、なるべく個々のコンセントにスイッチが搭載されている商品を選びましょう。

太陽光を利用したグッズ

最近は携帯電話や携帯ゲーム機を充電できる、太陽光発電を利用したグッズも販売されています。ようはミニソーラーパネルのようなもので、電気を使わずとも太陽光だけで携帯などの充電が可能となるのです。初期費用はかかりますが、携帯は長年使う必需品。人によっては毎日のように充電すると思うので、かなりの節電効果が得られるでしょう。便利なグッズとして鞄の一部がソーラーパネルのようになっている商品もあり、これなら置き忘れもありません。

冬場はゆたんぽ

家電の中で最も節電効果が大きいものと言えばエアコンです。冷房や暖房は非常に消費電力が大きく、月によっては電気代の半分がエアコンということも。そこで、冬場は湯たんぽを使って暖をとることで、エアコンの温度を少し低めにしてみたり、いっそエアコンをオフにしてみてください。そうすれば節電になりますし、エアコンによる空気の乾燥もなく、風邪や花粉対策にもなるでしょう。最近はお湯を沸かさずとも電子レンジで手軽に温められる湯たんぽも登場。自分の生活スタイルに合った湯たんぽを選んで冬場の節電に役立ててみてください。そして、暖房の温度は20度に設定しましょう。

夏場はすだれや風鈴

夏場も冬場と同様、いかにエアコンに頼らないかが重要になってきます。そこで、すだれを設置してみましょう。すだれは熱を通しにくく、それでいて隙間から風を取りこむことが可能な優秀アイテム。当然ながら電気は使いません。また、体感温度の問題ですが、風鈴の音もおすすめ。チリンチリンという涼しげな音が夏の暑さを和らげてくれます。これらによってエアコンが不要になるかと言えば難しいところですが、エアコンの温度を少し上げるくらいなら十分。うだるような暑さの日にはぜひ活用してみてください。そして、冷房の温度は28度に設定しましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ