1. 一人暮らしの暖房代を節約!光熱費を抑えられる暖房器具の選び方・使い方

一人暮らしの暖房代を節約!光熱費を抑えられる暖房器具の選び方・使い方

窓

一人暮らしの時には家に帰ってきて部屋が冷え切っていることも……。暖房器具をフル活用してあたためたいところですが、光熱費の心配も気がかりです。暖房には電気のほか、石油やガスなどを使う方法がありますが、いずれにしてもコストは気になることがありますね。今回は、そんな一人暮らし向けの暖房器具の選び方や使い方をご紹介します。

部屋が冷えている時の暖房器具

外から帰ってきた時や早朝などの部屋自体が冷えている時には、まず部屋全体をあたためられるエアコンやファンヒーターなどを活用してみましょう。暖房器具にはあたためられるエリアが広いものと、部分的に活躍してくれるエリアが狭いものがありますので、使い分けることがポイントです。併用する方法もありますので、上手に使って冷えた部屋や体をあたためましょう。

エアコンを活用する場合は、最初から省エネモードにするのではなく、まず自動運転でスムーズに温度調節をするのもコツです。また、あたたまってきたからといってすぐに電源を切ったりせずに、その後も温度調節やエアコンのモード設定で管理しましょう。設定温度を下げるなどして余計にあたためないようにしながら、せっかくあたたまった部屋が冷えないように、ほかの暖房器具やサーキュレーターなどを活用してあたたかさを保つこともポイントです。ファンヒーターなどの場合も、あたたまりすぎないように温度調節やその他の機能を生かしながら活用すると良いですね。

スポンサーリンク

一人は寒い!体感温度を上げよう

部屋全体をあたためるタイプの暖房器具は、体感温度の面ではあたたかさを感じづらい時もあります。そんな時には、ふく射熱や熱伝導などのしくみを生かした直接あたたかさを感じられる暖房器具を併用すると良いでしょう。電気ストーブなどの部分的にあたためるものを近くに置いたり、電気毛布やホットカーペットなど触れている部分があたたかくなる暖房器具を使ったりするのも役立ちます。一人暮らし用のこたつなどもありますので、選ぶ時には消費電力を確認しながら、消費電力が低い暖房器具を上手に使って体感温度を高めましょう。

効率よくあたためて節約しよう

消費電力は低ければ低いほど節電につなげられますが、消費電力が低いアイテムも使い方によってはコストがかかってしまうこともありますので注意が必要です。暖房は効率も重要になりますので、あたためるエネルギーを節約しながら、せっかく発生させた熱を保つ工夫もポイント。余分な暖房代をかけないように、全体的に気を配りながら節約につなげていきましょう。

使い方では、一人暮らしの環境を生かした節約も大切です。例えば、ホットカーペットにはサイズがありますので、一人暮らしにぴったりのサイズを選ぶのも良いですね。友達や家族が来た時用に大きいサイズを買う時には、カーペットを分割して部分的にスイッチを入れられるものもありますので、自分が座る範囲だけスイッチを入れるなど使い方に気を付けましょう。また温度調節も高すぎないように注意することが大切です。床から熱を逃がさないように断熱シートを敷くのも良いですね。同じように窓も断熱をするとエアコンなどであたたまった部屋の熱を保つのに役立ちます。

一人暮らしの場合には、自分の過ごす場所があたたかければ快適に過ごせますので、お風呂場やキッチンなどの部分的に寒いところは、そこだけあたためられる部分的な暖房器具を使い、使う時だけスイッチを入れるようにすると節約につながるでしょう。長時間過ごす場所と必要な時だけ過ごす場所によって暖房器具を使い分けるのもポイントです。暖房器具だけに頼らず、厚着をしたり、防寒グッズを役立てたりすることも参考にしてみてくださいね。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ