1. 暖房の光熱費を節約!エアコンやヒーターなど暖房器具は組み合わせて使おう

暖房の光熱費を節約!エアコンやヒーターなど暖房器具は組み合わせて使おう

こたつ

家の中に暖房器具はいくつあるでしょうか?暖房器具はさまざまに活躍してくれますが、それぞれの個性を生かして活用するとより光熱費の節約につなげることができますよ。個性を生かす時には、一つだけでなく組み合わせて使うこともポイント。上手にコツをつかんで、あたたかな冬にしましょう。

暖房器具にはそれぞれ得意なことがある

エアコンやヒーターなど暖房器具にはいろいろな種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、タイミングや環境が合わないと自分の望む暖房効果を得られないこともあります。光熱費をたくさんかけているのに満足のいくあたたかさが得られない、なんてことを避けるためにも、それぞれの得意分野を理解しておきましょう。

エアコンの特徴

エアコンは部屋の高い位置に設置してあるように、部屋全体をあたためることが得意な機器です。コストが気になる機器として話題になりますが、使い方によって変わってくるでしょう。温度管理がしやすいなどのメリットがありますが、空気が乾燥しやすい難点もあります。

ヒーターの特徴

ヒーターには複数の種類がありますので、種類によって光熱費の内訳も変わってくるでしょう。石油ファンヒーターやガスファンヒーターは立ち上がりが早く、すぐにあたたかさを得やすいメリットがあり、コストでは石油代やガス代がかかります。部屋全体をあたためるのに役立ちますが、どちらも換気が必要になるでしょう。

オイルヒーターはこれらのヒーターとはまた特徴が変わってきます。部屋全体向けの暖房器具ですが、立ち上がりが遅く、性質によりコストが高めと言われることも。ですが、音が静かで、空気が乾燥しにくく汚れにくいため換気の必要がないことなどのメリットがあります。

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターの特徴

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターは電気ストーブというカテゴリとしても知られています。しくみによってランニングコストは変わってきますが、部分的にあたたかさを得たい時に活躍してくれるでしょう。小さなスポットに向いている器具でもあります。

スポンサーリンク

部屋全体をあたためながら部分的にも暖房

暖房器具を組み合わせる時には、それぞれの特徴を生かして、部屋全体をあたためるものと部分的にあたためるものを組み合わせたり、立ち上がりに時間がかかるものとすぐに立ち上がるものを組み合わせたり、という方法がありますので参考にしてみましょう。これからアイテムを購入して増やす時にも役立つ情報になります。

例えば、冷えた部屋に帰って来た時に部屋全体をあたためる器具の時間がかかる時には、立ち上がりの早い器具を利用して同時に部屋をあたためるのも良いでしょう。その後は調節して上手にあたたかさをキープしていくことがポイントです。

オイルヒーターは立ち上がりが遅いためデメリットに注目が集まってしまう時もありますが、ほかの暖房器具であたためた部屋のあたたかさを持続するのに活躍してくれることもあり、音が静かで換気も必要がないことから夜間のお得な電気代を活用する方法などもありますので、工夫して組み合わせてみましょう。

自分の体をあたためる

冬の悩みとしては自分の体がなかなかあたたまらない、ということもあるのではないでしょうか。そういう時にはついついエアコンの温度設定などを高めにしてしまうこともありますが、より身近な暖房器具で自分の体をあたためる方法もありますので、身近なアイテムも組み合わせてみましょう。

湯たんぽ、電気毛布や電気ひざかけ、ホットカーペット、こたつ、足湯器などの役立つアイテムがあります。こたつはこたつ自体の電源を入れずにホットカーペットと組み合わせて熱を閉じ込める工夫も紹介されていますので、安全に活用できるいろいろなアイディアを参考にしてみましょう。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ